Home堂場瞬一>標的の男 警視庁追跡捜査係 堂場瞬一

Sat2016.04.23


標的の男 警視庁追跡捜査係 堂場瞬一

標的の男 警視庁追跡捜査係 堂場瞬一
ハルキ文庫

2016.4.14

第一章
第二章
 …
第十二章


裏表紙より。

服役中の男の告白――墨田区の不動産業者の強盗殺人事件は、
意外なところから容疑者が浮かび上がった。監視中の容疑者・熊井を
自らの失態で取り逃がした追跡捜査係の沖田大輝は、負傷した足を
抱え、病室での捜査資料の見直しを余儀なくされる。一方、警視庁
随一の分析能力を誇る西川大和は、いつもと違う容疑者の聞き込みに
戸惑いを感じていた。そして、犯行現場に疑問を感じた沖田は、
負傷をおして、捜査を強行するが――。大好評書き下ろし警察小説。


沖田が入院中の病院に、大友鉄登場

警視庁追跡捜査係
交錯
策謀
謀略
標的の男
刑事の絆
暗い穴

こうさく―さくぼう―ぼうりゃく―りゃく…
「りゃく」では始まらなかったのか
『刑事の絆』が『凍る炎 アナザーフェイス5』とクロスして、
『暗い穴』が一番新しかったのか。

ま、機会があったら、読んでみましょう。


関連記事
[堂場瞬一]  [標的の男]  [警視庁追跡捜査係]  [どうばしゅんいち

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/479-09ce6a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)