Home奥田英朗>我が家のヒミツ 奥田英朗

Tue2016.04.12


我が家のヒミツ 奥田英朗

我が家のヒミツ 奥田英朗
集英社

2016.3.31

虫歯とピアニスト
正雄の秋
アンナの十二月
手紙に乗せて
妊婦と隣人
妻と選挙


『家日和』『我が家の問題』に続く家シリーズの第3弾。
といっても、それぞれ独立した短編。

奥田英朗って、こんなに毒なかったっけ?
というくらい、ほんわりした感じ。

特に「虫歯とピアニスト」、「妻と選挙」が好き。

康夫は三年ほど前、これまでのユーモア小説路線からの
脱却を図るべく、犯罪小説を修英社から上梓していた。
市井の人々の心の闇と転落を書いた自信作だったのだが、
見事に売れなかった。

というN木賞受賞作家の康夫の話は、
ちょっとは自分のことなんだろうか。

≪井端さん一家≫シリーズ、
マンネリ化しているし、本人が飽きてしまっている
って。
改めて、伊良部シリーズはもう書かない、
って宣言かなー
残念


関連記事
[奥田英朗]  [我が家のヒミツ]  [おくだひでお

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/474-3f9c551e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)