Homeパトリシア・コーンウェル>標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

Tue2016.03.01


標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳

標的 上・下 パトリシア・コーンウェル 池田真紀子訳
講談社文庫

FLESH AND BLOOD
Patricia Cornwell

2016.2.24


上巻・裏表紙より。

休暇旅行を間近に控えたスカーペッタの周辺で、奇妙な事柄が
続いていた。不審なツイートが届いたうえに、何者かに身辺を
探られている形跡もある。そうした中、自宅近隣で射殺事件が発生。
やがてスカーペッタは、それがじつは綿密に仕掛けられた計画犯罪で、
真犯人からの“挑戦状”でもあることを察知した。


下巻・裏表紙より。

それは、十三年の歳月を経た復讐劇の幕開けだった。
スカーペッタの自宅近隣で発生した射殺事件、関係者の殺害。
そして、関連性があるとは思われなかった別の事件が一つ
ところに収まり、恐るべき全体像が明らかになっていく。
スカーペッタを待ち受ける驚愕の真相。それを知った時、
暗殺者の凶弾が放たれた!



検屍官シリーズ22?
なぜいつも上巻はイラっとさせられるんだろー…
思わせぶりなのは、ジェフリー・ディーヴァーの
リンカーン・ライムシリーズも一緒な気がするけど。
面白くないから?
いっそ、“超訳”にしてくれたらいいのかも

マチャドが何をやらかしたのか、結局よくわからず。
でも、考えて読み直す気力もなし

そして、まさかのキャリー・グレセン復活
狼男亡き後は、キャリーですか。
そーですか。

最後の1行、
パチン
って、なに?

その前の方に(下巻P259)、
ベッドサイドランプのスイッチを押した。ぱちんと音がして、
遠くで響いた銃声を連想した。

とあるけれど。
『凍る炎』のテツみたいに、ラストで撃たれておしまい

そして、23弾も読むのか…


関連記事
[パトリシア・コーンウェル]  [標的]  [池田真紀子

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/464-13ad4c6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)