Home海堂尊>輝天炎上 海堂尊

Wed2013.04.03


輝天炎上 海堂尊

輝天炎上 海堂尊
角川書店

2013.4.2

 序章 二重螺旋の悪魔

第一部 僕たちの失敗
 1章 極上の優等生
 2章 公衆衛生学教室・清川司郎教授
 3章 セピア色の因縁
 4章 法医学教室・笹井角男教授
 5章 放射線医学教室・島津吾朗准教授
 6章 時風新報社会部・別宮葉子記者
 7章 ふたつの電話
 8章 浪速大学医学部公衆衛生学教室・国見淳子教授
 9章 ナニワのクリスマス・イヴ
 10章 浪速市監察医務院・鳥羽欽一院長
 11章 房総救命救急センター・彦根新吾医長
 12章 循環器内科学教室・陣内宏介教授
 13章 臨床の季節
 14章 プリティ清川、再び
 15章 神経内科学教室・田口公平講師
 16章 東城大学破壊指令
 17章 医学のチカラ

第二部 女帝の進軍
 18章 翻意
 19章 帰還
 20章 羽化
 21章 陰謀
 22章 冥界

第三部 透明な声
 01 凍土
 02 薫風
 03 帰還
 04 僥倖
 05 魔窟
 06 挑発
 07 傾聴
 08 煌めく塔

第四部 真夏の運命
 23章 落第王子の当惑
 24章 田口センター長、登壇
 25章 戦車上のアリア
 26章 リヴァイアサン見学ツアー
 27章 錯綜する想念
 28章 奇襲攻撃
 29章 運命の衝突
 30章 よみがえる面影
 31章 炎の祝福
 終章 手紙


海堂尊の新刊
読み始めたらやめられなくて、一気読み
…かと思ったけれど。
通勤一往復で、半分読めていない。
2日目でやっと2/3。
おかしー…
田口(私の中では阿部寛)も、速水(私の中では北村一輝)も、
白鳥(んー…八嶋智人あたりか)も出てこないから?
というか、碧翠院の因縁が、いまひとつ深刻に感じられないせいか…
そんなにおどろおどろしい因縁話?
天馬くん、物足りないし。
小百合とすみれの存在も、恨みつらみがピンとこないから、
感情移入できない…

最後の最後に、すみれの“手紙もどき”あるいは“日記くずれ”に
ショーゲキ
変わり果てた私の姿を見て、天馬君は何と言うだろう。

わぁ、そーゆーこと
あわてて、第三章を読み返す。
… 切ない…

もう一度読んだら、ちょっとはすみれに寄り添えるかな。

読み返すなら、「螺鈿迷宮」から読み返さないと
ダメかな…

あぁ、バチスタからすべて読み返したい


関連記事
[海堂尊]  [輝天炎上]  [かいどうたける

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/45-6d522fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)