Home恩田陸>消滅 ――VANISHING POINT 恩田陸

Tue2016.01.26


消滅 ――VANISHING POINT 恩田陸

消滅 ――VANISHING POINT 恩田陸
中央公論社

2016.1.24


新聞連載中もよくわからなかったんだけれど。
結局“テロリスト”も“消滅”もコケおどしというか。
“孤独な肺炎”とか“超大型台風”とか“高潮”とか
とにかくあれもこれも繰り出して、どれもさほど
緊迫感がない。
それなりに楽しく再読したけれど。
この分厚さに釣り合うオチもなく…

連載中は、とり・みきのイラストが楽しかったけれど。
それも数枚。
十時の鳥の巣頭はぜひ載せてほしかった…

そしてこれだけ長いと人物がこんがらがる。

小津康久 日焼け男
大島凪人(なぎひと) 怪しい
岡本喜良(きら) ヘッドフォン
成瀬幹柾(みきまさ) ごま塩頭
ベンジャミン・リー・スコット
三隅渓(けい) ガラガラ声の女
伊丹十時(ととき) 鳥の巣頭
キャサリン
市川香子(きょうこ) 中年女
山中貞之(さだゆき) コワモテの親父
黒澤亜希菜(あきな)
黒澤聖斗(?)

あってるのかなー…

中年女、親父、母親は最後の最後にフルネームが判明。
どうせフルネーム出すならもっと早く出してくれ。
聖斗はお母さんのセリフにさらっと出てくる場面が
あった気がするけど。
読み方がわからん。

登場人物一覧にすると差し障りがあるなら、
せめてあだ名の一覧くらい載せてほしい。
あ。 とり・みきのイラストによる紹介ページでもいいな。

とにかく長いし重たいし。
思わせぶりなワリに…というのが、
結局のところ私の恩田陸観か。
『夜のピクニック』超えはないのか。

ミドリとナオコ…
『ノルウェイの森』も読み返してみますか。


関連記事
[恩田陸]  [消滅]  [VANISHING]  [POINT]  [おんだりく

COMMENT

短い時間を濃密に表現していて、読ませる物語だと思います。
長く引っ張った謎の真相が明らかになってスッキリです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/447-448dff75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+「消滅 VANISHING POINT」恩田陸

202X年9月30日の午後。日本の某空港に各国からの便が到着した。超巨大台風の接近のため離着陸は混乱、さらには通信障害が発生。そして入国審査で止められた11人(+1匹)が、「別室」に連行される。この中に、「消滅」というコードネームのテロを起こす人物がいるというのだ。世間から孤絶した空港内で、緊迫の「テロリスト探し」が始まる!読売新聞好評連載小説、ついに単行本化。 空港内に隔離された1...