Home>謎解きはディナーのあとで 東川篤哉

Mon2016.01.18


謎解きはディナーのあとで 東川篤哉

謎解きはディナーのあとで 東川篤哉
小学館文庫

2016.1.17

第一話 殺人現場では靴をお脱ぎください
第二話 殺しのワインはいかがでしょう
第三話 綺麗な薔薇には殺意がございます
第四話 花嫁は密室の中でございます
第五話 二股にはお気をつけください
第六話 死者からの伝言をどうぞ
宝生家の異常な愛情
解説 千街昌之


裏表紙より。

 国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。
『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。
 大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ
麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は
“執事兼運転手”の影山。 「お嬢様の目は節穴でございますか?」――暴言
すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の
謎を解き明かしていく。
 2011年ベストセラー1位のミステリ、待望の文庫化。
書き下ろしショートショート『宝生家の異常な愛情』収録。


結局借りてしまった^^;
これが『謎解きはディナーのあとで』か。
執事が櫻井翔?
イメージ違う…

『私の嫌いな探偵』よりちゃんとしてるかな。

面白いけど、ちょっとぺらぺら。
執事もひどいけれど、“執事らしからぬ”と形容されているから
まだいいとして。
お嬢様の言葉づかいが全然深窓の令嬢じゃないのが残念すぎる。
お嬢様は、白鹿野梨子くらい上品にしゃべらないと…


関連記事
[東川篤哉]  [謎解きはディナーのあとで]  [ひがしかわとくや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/446-bf7a8198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)