Home伊坂幸太郎>陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

Mon2015.12.28


陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎

陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎
祥伝社文庫

2015.12.25

第一章
 悪党たちは下見のあとで、銀行を襲う
  「犬の吠える相手が泥棒とはかぎらない」
第二章
 悪党たちは反省を行ない、死体を見つける
  「税金と死ほど確かなものはない」
第三章 悪党たちは映画館の話をし、暴力をふるう
  「鞭を惜しむと子供はだめになる」
第四章 悪党たちは作戦を練り、裏をかかれる
  「愚者を旅に出しても愚者のまま帰ってくる」
新書刊行時あとがき
解説


裏表紙より。

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。
この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった……はずが、
思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく
逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ! 奪還に動くや、
仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題の
ハイテンポな都会派サスペンス!



やっぱり面白い
そして改めて『陽気なギャングは三つ数えろ』を
読みたくなってきた…

または
『オーデュボンの祈り』
『ラッシュライフ』
に戻るか…


関連記事
[伊坂幸太郎]  [陽気なギャングが地球を回す]  [いさかこうたろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/442-41d6b659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)