Home啓発本など>もっと軽やかな人づきあいのための 「断る!」作法 辰巳渚

Mon2015.10.19


もっと軽やかな人づきあいのための 「断る!」作法 辰巳渚

もっと軽やかな人づきあいのための 「断る!」作法 辰巳渚
宝島社

2015.10.17

はじめに
第1章 人づきあいは「お断り」がむずかしい
第2章 「断る」ための考え方
 1 「招待」を断る ~行きたくない場合は、たいてい楽しめない~
 2 「贈り物」を断る ~好意をたいせつにするために断る
 3 「お返し」を断る ~「たんすの肥やし」を増やさないために~
 4 「もてなし」の場で断る ~相手の心遣いを「うっとうしい」に変えないために~
 5 「近所づきあい」で断る ~「淡きこと水のごとし」で行くために~
 6 「家族のつきあい」で断る ~ささやかな積み重ねだからごまかさない~
 7 「頼みごと」で断る ~「できること」をしてあげればいい~
 8 「公共の場」で断る ~赤の他人だから断り方が難しい~
 9 「お店」で断る ~「いい買い物をしたな」と思えるように~
 10 「売り込み」を断る ~隙がなければ売りようがない~
 11 「身の始末」で断る ~自分の意思をたいせつにする~
第3章 「断る」ための手段
 1 「手紙」で断る
 2 「電話」で断る
 3 「メール」で断る
 4 「会って」断る
 5 人を介して断る
 6 何もしないことで断る
第4章 断られじょうずになるための考え方
あとがき


そーなのよ。
セットで買うより、欲しいものだけ買うべきだし。
持ち込まなければ増えないのよ。

2005年11月…
もう10年も前の本になるんだ…


関連記事
[辰巳渚]  [もっと軽やかな人づきあいのための]  [「断る!」作法]  [たつみなぎさ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/418-798b5df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)