Homeアンソロジー>ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

Sat2015.10.17


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編
大島真寿美 瀧羽麻子 藤谷治 森見登美彦 椰月美智子
角川文庫

2015.10.15

郵便少年
 森見登美彦
フィルムの外
 大島真寿美
三泊四日のサマーツアー
 椰月美智子
真夏の動物園
 瀧羽麻子
ささくれ紀行
 藤谷治


裏表紙より。

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり
――(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住む
ことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。
浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行
――(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、
藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、
きらきら光る刹那を切り取った物語。


森見登美彦で借りてみた。

◇郵便少年 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『ペンギン・ハイウェイ』的な読後感。
って、もしかして「アオヤマ君」って、『ペンギン・ハイウェイ』のコ?

◇フィルムの外 大島真寿美(おおしま ますみ)
ニュー・シネマ・パラダイス、的な?
甘やかさ。
否応(いやおう)なしを、
否も諾もなく(いなもおもなく)
ともいうんだ…

◇三泊四日のサマーツアー 椰月美智子(やづき みちこ)
沖縄の島を舞台に夏がはじけてます^^

◇真夏の動物園 瀧羽麻子(たきわ あさこ)
他のも読んでみようかな。

◇ささくれ紀行 藤谷治(ふじたに おさむ)
これはどーも… やや消化不良
大人になった僕が思わせぶりな語り口で。
これってエッセイ?


関連記事
[ひとなつの。]  [真夏に読みたい五つの物語]  [大島真寿美]  [瀧羽麻子]  [藤谷治]  [森見登美彦]  [椰月美智子

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/415-3edf87d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)