Home有川浩>フリーター、家を買う。 有川浩

Wed2015.09.23


フリーター、家を買う。 有川浩

フリーター、家を買う。 有川浩
幻灯舎文庫

2015.9.18

1 フリーター、立つ。
2 フリーター、奮闘。
3 フリーター、クラスチェンジ。
4 元フリーター、働く。
5 元フリーター、家を買う。
【after hours】 奮闘する元フリーター
単行本版あとがき
文庫版あとがき
解説 重松清


裏表紙より。

就職先を3ヵ月で辞めて以来、自堕落気儘に親の脛を齧って暮らす
“甘ったれ"25歳が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し、
職探しに、大切な人を救うために、奔走する。本当にやりたい仕事
って? やり甲斐って?自問しながら主人公が成長する過程と、
壊れかけた家族の再生を描く、愛と勇気と希望が結晶となった
ベストセラー長編小説。


なんか、今さら有川浩祭り

「フリーター家を買う」って、ぷー太郎が一念発起して、
フリーターのままがんばって家を買っちゃうお話
…かと思っていたら。
初っ端からお母さんがウツで壊れちゃって
しかも原因が20年にもわたるご近所のいじめ
って…
ソーゼツすぎる設定にびっくり

そのソーゼツな設定を、バイト先の工事現場のおっちゃんら、
いいヒト達との巡り合いで、ハッピーエンドに転がしていく
シリーズものではないので、登場人物への思い入れでカバー
できない部分はあるけれど。
有川浩、やっぱりうまいなー…


関連記事
[有川浩]  [フリーター、家を買う。]  [ありかわひろ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/408-b3d01b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)