Home有川浩>別冊図書館戦争Ⅱ 図書館戦争シリーズ6 有川浩

Tue2015.09.22


別冊図書館戦争Ⅱ 図書館戦争シリーズ6 有川浩

別冊図書館戦争Ⅱ 図書館戦争シリーズ6 有川浩
角川文庫

2015.9.16

一、 「もしもタイムマシンがあったら」
二、 「昔の話を聞かせて」
三、 「背中合わせの二人」(1)
四、 「背中合わせの二人」(2)
五、 「背中合わせの二人」(3)
単行本版あとがき
文庫版あとがき
ウエイティング・ハピネス
文庫化記念 有川浩インタビュー その2


裏表紙より。

“タイムマシンがあったらいつに戻りたい?”という話題で盛り上がる休憩中の
堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は
手を休め、遠くを見つめるように静かに答えた――「……大学の頃、かな」。
未来が真っ白だった無垢な時代。年をとるごとに鮮やかさを増す、愛しき日々。
平凡な大学生であった緒形は、なぜ本を守る図書隊員となったのか!?
過去と未来の恋を鮮やかに描く、シリーズ番外編第2弾。


あぁ…手塚、あんたまで
お兄ちゃんもねぇ…
まさかいいキャラになれちゃうなんてねぇ…
玄田隊長…
みなさんお幸せに~

知らんかった~
図書館戦争が、こんなベッタベタのラブコメだなんて
あぁ… いつか王子様が
…いかんいかん


関連記事
[有川浩]  [別冊図書館戦争Ⅱ]  [図書館戦争シリーズ6]  [ありかわひろ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/407-8a980445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)