Home沢木耕太郎>キャパの十字架 沢木耕太郎

Sat2013.03.30


キャパの十字架 沢木耕太郎

キャパの十字架 沢木耕太郎
文藝春秋

2013.3.29

第一章 崩れ落ちる兵士
第二章 真贋
第三章 彼の名前
第四章 小麦とオリーブ
第五章 その丘で起こったこと
第六章 突撃する兵士
第七章 ゲルダ
第八章 影は語る
第九章 ラスト・ピース
第十章 キャパへの道
あとがき


ロバート・キャパの「崩れ落ちる兵士」。
スペイン内戦で、共和国軍兵士が敵の銃弾に倒れる瞬間を
撮った有名な写真。
戦場カメラマンなら、誰もが夢見る、死の瞬間を切り取った写真。

この有名な写真の真贋論争に、沢木耕太郎自身が調査、
検証を積み重ねていく。
スペインにまで撮影場所を確かめに行ったり、
当時の写真が掲載された雑誌を探して、
パリやニューヨークの古本屋を巡ったり。
集められるだけの当時の写真を詳細に見比べたり。
沢木耕太郎の根気に脱帽。

重厚な造りの本だけれど、するする読み進められる。
紙が立派だから、厚みがあるのかな。

惜しむらくは、白黒写真なので、沢木耕太郎の指摘するポイントが、
ときどきよくわからない
特に山の稜線とか、雲とか、肝心のポイントがよく見えないのは、
私だけ?
贅沢ついでに、もうちょっと図説を増やしてくれたらいいのに

NHKスペシャル、見そびれたのがほんとに残念


関連記事
[沢木耕太郎]  [キャパの十字架]  [さわきこうたろう]  [ロバート・キャパ]  [戦場カメラマン

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/40-cef13fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)