Home有川浩>図書館革命 図書館戦争シリーズ4 有川浩

Tue2015.09.01


図書館革命 図書館戦争シリーズ4 有川浩

図書館革命 図書館戦争シリーズ4 有川浩
角川文庫

2015.8.

プロローグ
一、 その始まり
二、 急転を駆けろ
三、 奇貨を取れ
四、 嵐を衝いて
五、 その幕切れ
エピローグ
単行本版あとがき
文庫版あとがき
プリティ・ドリンカー
文庫化特別対談 有川浩×児玉清 最終回


裏表紙より。

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた
人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護る
ため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策
を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動謡する郁。
そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった――「お前はやれる」。
表現の自由、そして恋の結末は!? 感動の本編最終巻。


手塚のお兄ちゃんが
そういう決着かー。
めでたしめでたし。

実際世の中こういう風に進みそうでコワイ…


関連記事
[有川浩]  [図書館革命]  [図書館戦争シリーズ4]  [ありかわひろ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/397-a4db7e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)