Home桜庭一樹>荒野 16歳 恋しらぬ猫のふり 桜庭一樹

Wed2015.07.29


荒野 16歳 恋しらぬ猫のふり 桜庭一樹

荒野 16歳 恋しらぬ猫のふり 桜庭一樹
文春文庫

2015.7.24

一章 恋しらぬ猫のふり
二章 つぎの花、ポン!
終章 終わりなき出発
解説  吉田伸子


裏表紙より。

妹・鐘の誕生、そして父の文学賞受賞と、賑やかになった山野内家。
荒野も、受賞パーティーや友人とクラブに出かけ、新たな世界を知る。
だが、秋のある日、義母・蓉子が、妹を連れて家出してしまう。そして、
荒野は守られていた子供の自分から決別することを心に誓う――。
少女の成長物語『荒野』、いよいよ最終巻。



まさかの蓉子さんの家出! というか、出奔
ま。 めでたしめでたし

「義娘」と書いて、「ぎじょう」と読むそうです。


関連記事
[桜庭一樹]  [荒野]  [16歳]  [恋しらぬ猫のふり]  [さくらばかずき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/385-29f061e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)