Home今邑彩>つきまとわれて 今邑彩

Mon2013.04.08


つきまとわれて 今邑彩

つきまとわれて 今邑彩
中央公論社

2013.4.7

おまえが犯人だ
帰り花
つきまとわれて
六月の花嫁
吾子の肖像
お告げ
逢ふを待つ間に
生霊


漫画家の元にファンから届いたチョコレートを食べた
妹が死んだ。
チョコレートには毒が仕込まれていた。
犯人は、妹の婚約者でもある通いのアシスタントか、
もう一人の住み込みのアシスタントか…

2つ目の短編に出てくるのは、1つ目の短編に出てきた
通いのアシスタント。

短編の登場人物は、ちょっとずつかぶっている模様。
面白そう

さっくり読み進んで、「吾子の肖像」までいったところで
小休止。

小休止したせいか、だんだん事件らしい事件では
なくなってきたせいか、「お告げ」と「逢ふを待つ間に」、
読むのが、ちょっと苦痛
(この2編は、書下ろしで後から追加されたものでした)

最後の「生霊」で、意外などんでん返し
そー思ってページを戻すと…
「帰り花」、男と駆け落ちした芳江さん。
「逢ふを待つ間に」、スナックよしゑ。
おぉ…
やっぱり本は最後まで読まなくちゃ


関連記事
[今邑彩]  [つきまとわれて]  [いまむらあや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/38-3496dd56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)