Homeエッセイなど>内澤旬子のこの人を見よ 内澤旬子

Sat2015.07.04


内澤旬子のこの人を見よ 内澤旬子

内澤旬子のこの人を見よ 内澤旬子
小学館

2015.7.3

まえがき
路傍のひとまたぎ
 1人目 地図板男
 …
 41人目 氷点下のお散歩
一杯の珈琲から
 42人目 新聞と午睡
 …
 73人目 カフェ勉ハーレム
各駅に停まれば
 74人目 歩き弁
 …
 101人目 犬ベビーカー
あとがき


JR新橋駅日比谷口を出た、左手に大きな古いビルがあります。
その名もニュー新橋ビル。もとをただせば太平洋戦争後、日比谷
あたりの焼け野原に出ていた闇市が、そのまま屋台の飲み屋と
なって、駅前広場にずらりと軒を連ねていたものを、昭和四十二年、
駅前開発のためにビルを建てて、その中にぎゅうと押し込めたと
いうわけ。

(11人目 老ゲーマー)

そーなんだぁ


関連記事
[内澤旬子]  [内澤旬子のこの人を見よ]  [うちざわじゅんこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/378-8986305c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)