Home小野不由美>図南の翼 十二国記 小野不由美

Sun2015.05.31


図南の翼 十二国記 小野不由美

図南の翼 十二国記 小野不由美
新潮文庫

2015.527

≪十二国図≫
≪黄海図≫
序章
一章
 …
六章
終章

解説  北上次郎


裏表紙より。

国を統(す)べるのは、あたししかいない!
恭国(きょうこく)は先王が斃(たお)れて27年、王不在のまま治安は乱れ、
妖魔まで徘徊(はいかい)していた。首都連檣(れんしょう)に住む少女
珠晶(しゅしょう)は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしを与えられ、
闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂える珠晶はついに決断する。
「大人が行かないのなら、あたしが蓬山(ほうざん)を目指す」と――
12歳の少女は、神獣麒麟(きりん)により王として選ばれるのか。


珠晶もすごすぎ…


関連記事
[小野不由美]  [図南の翼]  [十二国記]  [となんのつばさ]  [おのふゆみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/370-34ebdd9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)