Home小野不由美>丕緒の鳥 十二国記 小野不由美

Tue2015.06.09


丕緒の鳥 十二国記 小野不由美

丕緒の鳥 十二国記 小野不由美
新潮文庫

2015.6.3

≪十二国図≫
丕緒の鳥
落照の獄
青条の蘭
風信
解説  辻真先


裏表紙より。

「希望」を信じて、男は覚悟する。
慶国に新王が登極した。即位の礼で行われる「大射(たいしゃ)」とは、
鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。陶工である丕緒(ひしょ)は、
国の理想を表す任の重さに苦慮していた。希望を託した「鳥」は、
果たして大空に羽ばたくのだろうか──表題作「丕緒の鳥」ほか、
己の役割を全うすべく煩悶し、一途に走る名も無き男たちの清廉
なる生き様を描く全4編収録。


短編集は意外と苦戦。
「丕緒の鳥」は、陽子がでてきたけれど、「落照の獄」でちょっとくじける。
柳(りゅう)国はまだあまり馴染みがないからな…
「青条の蘭」は、ますますどこの国の物語かわからず、進まない…

一旦、シリーズを先に進んで『黄昏の岸 暁の天』までいってから
『華胥の幽夢』と『丕緒の鳥』に取りかかる。

「風信」は、慶国か。

そして残るは「青条の蘭」。
どこ? 『走れメロス』みたいな気がしてきた…
そして、最後の最後に…

一路、関弓(かんきゅう)へと向かって。
目指す玄英宮(げんえいきゅう)までは、二日の距離だ。


関弓 玄英宮
雁国だ
新王は尚隆か。
500年もの昔の雁の荒廃か…
すごい
十二国記、すごい


関連記事
[小野不由美]  [丕緒の鳥]  [十二国記]  [ひしょのとり]  [おのふゆみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/369-6649a9c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)