Home小野不由美>月の影 影の海 上・下 十二国記 小野不由美

Wed2015.05.13


月の影 影の海 上・下 十二国記 小野不由美

月の影 影の海 上・下 十二国記 小野不由美
新潮文庫

2015.5.12

十二国図
巧国北方図
第一章
 …
第四章
第五章
 …
第八章
解説  北上次郎


上巻・裏表紙より。

「お捜し申し上げました」──女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る
男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。
男とはぐれ一人彷徨う陽子は、出会う者に裏切られ、異形の獣には
襲われる。なぜ異邦(ここ)へ来たのか、戦わねばならないのか。
怒濤のごとく押し寄せる苦難を前に、故国へ帰還を誓う少女の「生」への
執着が迸る。シリーズ本編となる衝撃の第一作。


下巻・裏表紙より。

「わたしは、必ず、生きて帰る」──流れ着いた巧国(こうこく)で、容赦
なく襲い来る妖魔を相手に、戦い続ける陽子。度重なる裏切りで傷ついた
心を救ったのは、<半獣>楽俊(らくしゅん)との出会いだった。陽子が
故国へ戻る手掛かりを求めて、雁国(えんこく)の王を訪ねた二人に、
過酷な運命を担う真相が明かされる。全ては、途轍もない「決断」への
幕開けに過ぎなかった!


女子高生だった陽子が、異界に連れて行かれ、ひとりはぐれ、
ひたすら辛い目にあう上巻。
下巻でするすると話が進み…
そーだよね、ケイキってケイ王の麒麟だよね
めでたしめでたしの最後はちょっとあっけないくらい。
陽子のこれからの物語はあるのかな?

『魔性の子』とまったく別の物語…かと思いきや、最後の方に
『月の影 影の海』の高里=泰麒の名前がちょっと出てくる。
泰麒の物語も読みたい

延王の治世が500年ということは…
小松尚隆は500年前の人?
そこがちょっとぴんとこない^^;


関連記事
[小野不由美]  [月の影]  [影の海]  [十二国記]  [おのふゆみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/363-348f9fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)