Home道尾秀介>ソロモンの犬 道尾秀介

Wed2015.04.29


ソロモンの犬 道尾秀介

ソロモンの犬 道尾秀介
文春文庫

2015.4.27

一章
二章
三章
四章
五章
終章
エピローグ
解説  瀧井朝世


裏表紙より。

秋内、京也、ひろ子、智佳たち大学生4人の平凡な夏は、
まだ幼い友・陽介の死で破られた。飼い犬に引きずられての
事故。だが、現場での友人の不可解な言動に疑問を感じた
秋内は動物生態学に詳しい間宮助教授に相談に行く。
そして予想不可能の結末が……。青春の滑稽さ、悲しみを
鮮やかに切り取った、俊英の傑作ミステリー。


ほんとに覚えてないなー…
こんなに覚えていないものなんだろうか…
三途の川って…

ちょっと陽介くん死に損

『透明カメレオン』に“ブロッコリーみたいな頭”が出てくるけれど。
間宮先生もそうみたい。
お気に入りなのね。


関連記事
[道尾秀介]  [ソロモンの犬]  [みちおしゅうすけ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/351-c44cd3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)