Home>逢魔 唯川恵

Sat2015.04.04


逢魔 唯川恵

逢魔 唯川恵
新潮社

2015.3.28

朱夏は濡れゆく  牡丹燈籠
蠱惑する指    番町皿屋敷
陶酔の舌     蛇性の婬
漆黒の闇は報いる  怪猫伝
悪夢の甘き唇   ろくろ首
無垢なる陰獣   四谷怪談
真白き乳房    山姥
白鷺は夜に狂う  六条御息所


帯より。

女の答えは、すべて
ホトにございます。

古典の名作に、濡れ尽くしのエロスを捧げ、到達した官能の極み。

美しく、艶めかしく、
そして、とてつもなく
怖ろしい奇譚集。


…そんなに怖くはなかった
官能時代小説?
学校では教えられない古典のお勉強^^*

四谷怪談の伊右衛門が、素直にいいヒトなのがちょっと意外。
でも素敵。


関連記事
[唯川恵]  [逢魔]  [ゆいかわけい

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/343-0dc393a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)