Home>プリティが多すぎる 大崎梢

Thu2015.03.19


プリティが多すぎる 大崎梢

プリティが多すぎる 大崎梢
文春文庫

2015.3.18

Chapter1. PINK
Chapter2. PRIDE
Chapter3. POLICY
Chapter4. PARTY
Chapter5. PINCH
Chapter6. PRESENT
解説  大矢博子


裏表紙より。

総合出版社で文芸部門志望だったのに少女向けファッション誌に
配属となった南吉くんこと新見佳孝、26歳。女の子の憧れが詰まった
誌面は勝手が異なり失敗の連続だが、先輩編集者にカメラマン、
スタイリスト、十代の少女モデルたちのプロ精神に触れながら次第に
変わっていく。舞台裏のドラマを描くお仕事成長物語。
解説・大矢博子


少女向けのファッション誌の世界…
大崎梢…って、何書いたんだっけ
『海に吠える』だよね。
『プリティが多すぎる』って?!

表紙、男の子が松苗あけみかと思ったけれど、小物が違う。
扉イラスト、スカイエマ。
スカイエマ… 『優しいおとな』かぁ

ちょっときれいごとが多すぎる気がするけれど、
それなりに面白く読了。
シリーズ化したら、ついていくなー


関連記事
[大崎梢]  [プリティが多すぎる]  [おおさきこずえ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/339-5601ce2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)