Home西加奈子>きりこについて 西加奈子

Mon2015.02.09


きりこについて 西加奈子

きりこについて 西加奈子
角川書店

2015.2.7


KADOKAWAオフィシャルサイトより。

きりこはぶすな女の子。
人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。
美しいってどういうこと?
生きるってつらいこと?
きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。
書き下ろし長編小説。



web KADOKAWAより。

きりこは、ぶすな女の子。だけど両親にとても可愛がられて
育ったため、自分がぶすだなんて思ってもみなかった。
ある日きりこは、体育館の裏で小さな黒猫を見つける。
「ラムセス2世」と名付けられた猫は、たいへん賢い猫で、
しだいに人間の言葉を覚えていった。
きりこが小学5年生のとき、ラムセス2世に手伝ってもらい、
大好きなこうた君にラブレターを書く。だけど、こうた君は
クラス全員の前で「やめてくれや、あんなぶす」と冷たい一言。
その出来事がきっかけで、きりこはみんなに疎まれるようになる。
食べることもやめ、学校にも行かず、ほとんど寝て過ごす毎日。
そんなきりこに、ラムセス2世は、猫の基準では、きりこが
どれだけすばらしいかを話して聞かせる。
そして、きりこは引きこもることをやめ、外に出る決心をする。
夢の中で泣き叫んでいた女の子を助けるために……。



西加奈子の『サラバ!』が第152回の直木賞を受賞したので、
借りるのをあきらめ、他の本へ。

これは読んだのか読んでないのかよーわからんけど
借りてみた。

… 読んだことあるね
でも、ほとんど覚えていないので、最後まで読む。

西加奈子と豊島ミホを混同しているのかも、と、ふと思う
(が。つきつめる予定は、今のところ、ない。)


関連記事
[西加奈子]  [きりこについて]  [にしかなこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/326-8f347dac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)