Home>真実の絆 北川歩実

Thu2015.01.22


真実の絆 北川歩実

真実の絆 北川歩実
幻冬舎文庫

2015.1.9

親子鑑定
 依頼人との対話
二人が出会った夜
 依頼人との対話
誕生日のない母
 依頼人との対話
彼女が消えた朝
 依頼人との対話
血染めのハンカチ
 依頼人との対話
再会
 依頼人との対話
突然の別離
 依頼人との対話
うつろな縁
 依頼人との対話

解説 佳多山大地


裏表紙より。

遺産百億の大磯光平は医師から余命数年と宣告された。
跡取りのいない大磯はすでに親戚に財産分与する遺書を
作成したが、かつてもうけた血のつながりの可能性のある子の
存在に気づき弁護士に捜させる……。金をめぐり、にわかに
蠢く男女。DNA鑑定が繰り返され親子関係と愛情が偽装される。
ついに起こる殺人そして驚愕の真実。究極のミステリー。



ややこしい…

・親子鑑定

成瀬昭彦は、山原麻衣子を生みの親だと思ったが、
麻衣子の姉の川村里枝が生んだ子どもだった。
麻衣子が生んだ子どもは、麻衣子の父親に捨てられた

・二人が出会った夜

香川秀行は恵都子と名前だけの夫婦になる。
恵都子は、捨てられた麻衣子の子どもの子を出産し、
資産家大磯の孫の母親となる目論見。
同じく、麻衣子の子どもの子を身ごもった滝内瑞恵に
出会う。

・誕生日のない母

医師の賀門隆博は、葉山美加が蟹江聡介の愛人
だったことを美加と知らずに付き合い始めたが、
南川鈴子・古木亜佐美に邪魔に思われ殺される。

・彼女が消えた朝

新倉裕也の姉の寺門美和が、出産したばかりの幸人を
病院に残して失踪した。
実は美和は捨て子。
幸人は美和の卵子を使って代理母が生んだ子ども。
美和が麻衣子の娘だと思った夫の淳一に殺された。

・血染めのハンカチ

恵都子は恋人の朝人のために、香川秀行と偽装結婚し、
葉山俊樹の子どもを生む(行恵)。
朝人は実は古木亜佐美で、新井一清の恋人。
香川秀行は、安生和弥と名を変えるが、事故死。
背後に新井一清と古木亜佐美がいる模様。

・再会

葉山俊樹の父武藤佳宏は火事で死亡、母織絵は行方不明。
武藤織絵をよく知る若山清二に織絵を探してくれるよう頼むが、
本物の織絵こと風見織絵は、田川久美に戸籍を売っていた。
俊樹は武藤夫婦の実子ではなかった。

・突然の別離

葉山重蔵は、俊樹のために、美加と結婚するが、
大磯の血を引く子(俊樹)を巡る陰謀を知って、
美加と離婚し、関戸康子と結婚するという。
が、心臓発作で急死。

・うつろな縁

田川久美の精子と麻衣子の卵子を使い、
立石美佐江が代理母出産したのが俊樹。
死の淵にある大磯=田川久美はすべてを俊樹に語る。

紙に書いて、やっとすっきり。


関連記事
[北川歩実]  [真実の絆]  [きたがわあゆみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/321-631879b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)