Home柴田よしき>激流 上・下 柴田よしき

Tue2014.11.25


激流 上・下 柴田よしき

激流 上・下 柴田よしき
徳間文庫

2014.11.19

序章
第一章 アルルの女
第二章 亡霊
第三章 秘密
第四章 転換
第五章 流れ
第六章 教師
第七章 劇
終章
あとがき
解説―九〇〇頁一気読み必至、柴田ミステリの最高峰 村上貴史


上巻・裏表紙より。

京都。修学旅行でグループ行動をしていた七人の中学三年生。
知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒・小野寺冬葉が
忽然と消息を絶った――。二十年後。三十五歳となった六人に、
突然、失踪した冬葉からメールが送られてくる。
「わたしを憶えていますか?」
運命に導かれて再会した同級生たちに、次々と不可解な事件が
襲いかかる…。



下巻・裏表紙より。

十五歳の記憶の中の少女はいつも哀しげにフルートを吹いていた。
冬葉は生きているのか?彼女が送ったメッセージの意味は?
離婚、リストラ、薬物依存、不倫……。過去の亡霊に、次第に
浮き彫りにされていく現実の痛み。苦悩しながらも人生と向き合う、
六人の三十五歳の闘い。「今」を生きる、すべての人に贈る、
渾身のサスペンス・ミステリー。



面白い!
… んだけど、後半、意外な犯人がわらわらと
なので、ミステリーとしては、ちょっと肩すかし。

でも、中学の同級生が、20年振りに集まって…
という人間関係が心地よい


関連記事
[柴田よしき]  [激流]  [上・下]  [しばたよしき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/303-0dc2f011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)