Home平安寿子>こっちへお入り 平安寿子

Sun2014.11.02


こっちへお入り 平安寿子

こっちへお入り 平安寿子
祥伝社文庫

2014.10.31

その1 ポンポコピーのポンポコナー
その2 孝女(こうじょ)の遊女(ゆうじょ)は掃除が好きで
その3 タコの頭、あんにゃもんにゃ
その4 あっしんとこね、くっつき合いなんすよ
その5 俺のほうじゃあ、誰も死なねえ
その6 与太(よた)さんは、それでいいんだよ
その7 あたい、泣いてないよ
その8 さぁさ、こっちへお入り
あとがき
解説 黄金家鉄兵


裏表紙より。

吉田江利(えり)、三十三歳独身OL。ちょっと荒んだアラサー女の
心を癒してくれたのは往年の噺家たちだった。ひょんなことから始めた
素人落語にどんどんのめり込んでいく江利。忘れかけていた他者(ひと)
への優しさや、何かに夢中になる情熱を徐々に取り戻していく。
落語は人間の本質を描くゆえに奥深い。まさに人生の指南書だ! 
涙と笑いで贈る、遅れてやってきた青春の落語成長物語。



平安寿子が落語?
三浦しをんのお仕事シリーズ(勝手にくくってる)みたいなもの?

落語に興味がないので、楽しめるかなー
… というのは全くの杞憂に
面白ーい
落語見に行きたい(聞きに行きたい)

自分も落語にハマってみたくなる本。
あ、江利ちゃんの成長物語は、あまり関係なかったかな


関連記事
[平安寿子]  [こっちへお入り]  [たいらあすこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/297-dc02fd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)