Home>イニシエーション・ラブ 乾くるみ

Tue2014.10.28


イニシエーション・ラブ 乾くるみ

イニシエーション・ラブ 乾くるみ
文春文庫

2014.10.27

side-A
 1 揺れるまなざし
 2 君は1000%
 3 YES-NO
 4 Lucky Chanceをもう一度
 5 愛のメモリー
 6 君だけに
side-B
 1 木綿のハンカチーフ
 2 DANCE
 3 夏をあきらめて
 4 心の色
 5 ルビーの指環
 6 SHOW ME


裏表紙より。

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春の
ひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説――
と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、
本書は全く違った物語に変貌する。
「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。


出たときにちょっと気になっていたので、図書館でチェックしたら、
結構なリクエスト待ち。
なんでそんなに人気なんだっけ?
TVで絶賛されたのか…
待ち行列が短くなるまで待ってよー。

という『イニシエーション・ラブ』を、会社のチャリティ古本市で発見
裏表紙を見て、そんなに言うなら… と購入。

途中でちょっと退屈に。
Side-Bが始まって、やな感じも増してきて…
でも、絶対最後から読むなって書いてあるし…
がまんして読み続ける。
なんだか、うっすら違和感…
と、ますます募る嫌悪感
がんばれ、もう少しだ…
そして…
最後の2行、というより最後のページで
「あー」
やっぱり。

でも、時系列がいまひとつわからず、Side-Aに返って確認。

そりゃ、二度読みたくなるよ。
びっくりしたし。
でもー… つまんない

解説、太字で気づきポイントをあげていたりして
(ホテルのキャンセルは気付かなかったー)
親切なんだけれど、解説している意図がいまひとつ
わからない語句も。
マユのショートカットについても、当時のハウスマヌカンの
刈り上げなどを引き合いに出しているけれど、
初対面のときのマユの格好が
涼しげな白のブラウスに、紺色で膝丈のスカート
とあるので、別にとんがった感じではないのではないかなー
と、解説読んでいるときもなんだか違和感。

よく見ると、帯の煽りも結構すごい。

読んでいるだけで女子力があがる!
のか?

叙述トリックの最高峰!
叙述トリックって… そもそもどこが「傑作ミステリー」なんだ?

あまりの衝撃に頭が真っ白になり、
… なったなった!
ぼーぜんとした

人生ではじめて人にすすめた本です!
たしかに、この脱力感は、きっちりこの本を読まないと味わえない

売りたかったのね


関連記事
[乾くるみ]  [イニシエーション・ラブ]  [いぬいくるみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/295-5c1e87f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)