Homeファッション>似合う服がみつかる おしゃれ断食 葉山莉江

Tue2014.10.14


似合う服がみつかる おしゃれ断食 葉山莉江

似合う服がみつかる おしゃれ断食 葉山莉江
中経出版

2014.10.11

はじめに
Prologue 洋服代が10分の1に激減
  月5万円買っても似合う服がない
   ・迷ったら、買う!
   ・着まわし度はサイアク
  本当の自分がみつかった
   ・理想の私がいた
   ・憧れの人と話をしたい。けれど………
  買い物をやめて理想のファッションを手に入れる
   ・捨てることから始まる
     理想の自分はこの服を着るだろうか?
     着ない、と判断したものは捨てる。

   ・もう、無駄な服は買わない!
     妥協した服を身につけていると、理想の自分に近づくことはできない。
  「本当に必要な服」がわかった瞬間
   ・困ったシーンを振り返る
  ワードローブは似合う服ばかり
   ・最近、服買ってない!
  ファッションが「こころ」を変える
   ・10人中9人にほめられるファッション
Chapter 1 理想と断食でおしゃれになる
  幸福(しあわせ)を呼ぶ「着まわし力」
   ・すべては基準から始まる
     ファッションに基準を持つ。
     自分がどう見られたいのか、理想の自分を明確に。

   ・その1 着まわし力は「時間」を生む
   ・その2 着まわし度アップで「お金」まる
   ・その3 着まわし力が「こころ」の余裕を生む
  服を買うからおしゃれになれない
   ・着こなしがすべて
   ・それ、本当に必要ですか
     服を買っても買っても満たされないのは、こころの問題が潜んでいるかも。
     不安や不満は買い物では解決できない。

  誰も教えてくれない服の買い方 ほか
   ・妥協を許さない
     買った後悔と買わなかった後悔。
     妥協した買い物をすると、いつかどこかで後悔するときがくる。
     買わなくて後悔したと思うことの大半は錯覚。
     買わなくても後悔する必要はなく、ただ「縁がなかった」だけ。

   ・100%理想主義
     「安いから、即買い!」
     「かわいいから、買っちゃえ♪」
     別の衝動が買いたいと錯覚させているだけ。

  見られている自覚
   ・どう見られたいか
   ・どう魅せるか
   ・お色直しでおしゃれ度アップ
  あなたが着回しできない本当の理由
   ・理想がコーディネートを加速する
  捨てる、すてる、ステル
   ・捨てるしくみ
     毎日目にしている服や小物が、ある日突然色あせて見えたら、処分するサイン。
     新月は「はじまり」、満月は「完了」を意味する。
     『新月&満月のリズムで夢をかなえる』(ヴィレッジブックス/岡本翔子著)
     満月から新月までの2週間で身の回りのものを整理する。

  ワードローブ整理で得られる5つのメリット
   ・メリット1 着まわし度100%
   ・メリット2 洋服代が激減
     安いと「失敗してもいいか」と、つい気が緩んで買ってしまうが、
     それを処分するのにもエネルギーが必要。

   ・メリット3 手持ちのアイテムの質が上がる
     着なくなるのには何かしら理由がある。
     早めに対処し、できないなら処分する。

   ・メリット4 「なりたい自分」になれる
   ・メリット5 コーディネートで悩まない
Chapter 2 「なりたい自分」の姿を見つける
  「シンデレラブック」をつくる
  ステップ1 現状を知る
  ステップ2 「理想・憧れ」を知る
  ステップ3 「なりたい自分」を考える ほか
  「あなたの未来」をのぞいてみよう
Chapter 3 さあ、「おしゃれ断食」を始めよう
  断食前夜
   ・「美ワードローブ」を創造する
     「なりたい自分」に合わないものは処分する。
     「処分用」ゴミ袋と、「保留用」段ボール。

  似合う服を見極める
   ・クローゼットを浄化する
   ・10秒で決める
   ・一度に決めない
     少しでも迷いのあるものは、「保留用」に。
  捨てる、譲る、売る ほか
   ・絶対開けない!
     保留の段ボールは週に1度チェック。
     捨てると決めたものは、絶対開けない。

   ・譲る相手を選ぶ
  「おしゃれ断食」の神髄はここから
   ・ワードローブと対話する
   ・衣替えは必要ですか
     すべてのアイテムに袖を通し、コーディネートを考える。
     コーディネートが浮かばないものは処分対象。

   ・「おしゃれ断食」の極意
   ・組み合わせを楽しむ
   ・もったいないが、もったいない
     週に1度保留用段ボールを開けて中身を見直す=処分する。
     3週間たっても処分できないものは、「保管」する。着ない。
     その後ときどき手に取ってみて、あるとき色あせて見えたら…処分。

  断食終了! 買い物前にすべきこと
   ・まだ買わないで!
  いよいよ買い物解禁!
   ・すべてを忘れる
   ・欲しいものを買う
  本当に必要なものを見極めるコツ
   ・余裕を持って
   ・手に取ることから始まる
   ・試着があなたのセンスを磨く
     気になったものは、買わないものでも試着してみる。
     どう合わないか、似合わない理由を確認する。

   ・試着室で演じる
   ・「失敗しない」ための2つの質問
   ・ブランドの魔力に惑わされない
Chapter 4 「美ワードローブ」を維持する習慣
  「似合う服」とともに
   ・捨てる習慣
   ・ツキの見直し
     満月の日に家の中の「いらないもの」「テンションが上がらないもの」を選んで、
     まとめてみる。新月の前日までに処分する。
     月に一度処分する習慣。
     新月に願いごとをすると叶う。「夢リスト」の見直しをする。

 他人目線で確認する
   ・視点を変える
  「ひとりファッションショー」のすすめ ほか
   ・服の魅力を引き出す
   ・旅行を10倍楽しむコツ
Epilogue 素敵に魅せる
     自分をほめる。
     毎日出かける前に鏡に映った自分をほめる。

おわりに ~感謝のことば~


「劇場マダム」になりたいかは別として、なるほどと思うポイント多数(赤字)。
でも…
将来どんなふうになりたいかを描く「夢リスト」は、必ず断言か過去形で書きましょう
(脳は、断言や過去形で書くと、願望が達成されていると勘違いするため、
自然と、夢を達成した人としての立ち居振る舞いができるようになる)
の、例が

母とマチュピチュを訪れました
プロジェクトが成功したお祝いに、彼がGRAFFの指輪を買ってくれました
素敵なビジネスパートナーと出会い、会社を立ち上げました
モナコに移住しました
地元群馬県に劇場を建てました


GRAFFのリングって


関連記事
[似合う服がみつかる]  [おしゃれ断食]  [はやまりえ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/292-174263a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)