Home>タイムマシン ウェルズ 池央耿訳

Mon2014.10.13


タイムマシン ウェルズ 池央耿訳

タイムマシン ウェルズ 池央耿訳
光文社古典新訳文庫

THE TIME MACHINE
Herbert George Wells

2014.10.10

タイムマシン
補遺
補説・小伝
解説 巽孝之
年譜
訳者あとがき


裏表紙より。

時空を超える<タイムマシン>を発明したタイム・トラヴェラーは、
80万年後の世界へ飛ぶ。そこは、地上に住む華奢で穏やかな
イーロイ人と、地底をねぐらにする獰猛なモーロック人という2種族に
よる原始的な階級社会だった……。
SF小説の不朽の名作を、巽孝之氏の解説で読み解く。


ハーバート・ジョージ・ウェルズ?
あ、なんか、オーソン・ウェルズと混同しているよーな。
H.G.ウェルズが書いた『宇宙戦争』をオーソン・ウェルズが
ラジオでやって、パニックになったのか。
んー… 『1984』は?
ジョージ・オーウェルか… いかんいかん

補遺、補説・小伝、解説、読んだ方がよいのでしょうが、
ここはちょっと睡魔が…



関連記事
[ウェルズ]  [タイムマシン]  [池央耿

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/291-50dfaab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)