Homeスティーヴン・キング>キャリー スティーヴン・キング 永井淳訳

Sat2014.10.11


キャリー スティーヴン・キング 永井淳訳

キャリー スティーヴン・キング 永井淳訳
新潮文庫

CARRIE
Stephen King

2014.10.9


第一部 血のいけにえ
第二部 舞踏会の夜
第三部 廃墟
訳者あとがき
解説


図書館に、ちょっと新しそうなキングの本があって、
そういえば、『キャリー』は読んでないので(たぶん
借りてみる。


裏表紙より。

「おまえは悪魔の申し子だよ」
狂信的な母、スクールカーストの最下層……
悲劇はその夜、訪れた。
巨匠キングの鮮烈なるデビュー作にして、
三度の映画化を経た永遠の名作。



スクールカースト?
新訳?

昭和60年 発行
平成25年 34刷改版
文末の解説が2013年8月。
なるほど、本は新しい。

デビュー長編なんだ。
キングの長編にしては、360ページくらいで
全然長編じゃない
このくらいの長さだと、一気に読めて、あー面白かった~
でいいなー


関連記事
[スティーヴン・キング]  [キャリー]  [永井淳

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/290-eb421ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)