Home宮部みゆき>荒神(こうじん) 宮部みゆき

Sun2014.09.21


荒神(こうじん) 宮部みゆき

荒神(こうじん) 宮部みゆき
朝日新聞出版

2014.9.17

序 夜の森
第一章 逃散
第二章 降魔
第三章 襲来
第四章 死闘
第五章 荒神
結 春の森


うーん… なんかどこかで読んだような…
ま… まぐる… ?

『まぐる笛』!
(ブログって振り返るのカンタン
『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』か。

曽谷弾正、ちょっと『孤宿の人』みたいかと思ったけれど、
全然違った。
シャア?
違うか…

結構細かい「主な登場人物」のページと、大平良山(おおたらやま)
小平良山(おたらやま)周辺の地図があるけれど。
永津野藩、香山(こうやま)藩、どちらも藩主が直接出てこないせいか、
どちらがどちらかすぐこんがらがる
おせんとお末もなー…

こんなに登場人物が混線してしまう本も珍しい

そして、つちみかどさま…
まぐるがパワーupしてる。
首長竜からティラノタイプに大変身。
頭の中では、『おまえ うまそうだな』のティラノサウルス
こいつの描写は笑うところなんだろーか

終わり方は『孤宿の人』みたい。
(って、『孤宿の人』読み直したら全然違ったりして…

曽谷弾正、ちょっとは共感できるとろこがあればよかったのに…
同情すらわかないのが可哀そうすぎ。


関連記事
[宮部みゆき]  [荒神(こうじん)]  [みやべみゆき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/278-8a592d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)