Homeファッション>ファストファッション クローゼットの中の憂鬱 エリザベス・L.クライン 鈴木素子訳

Sun2014.09.28


ファストファッション クローゼットの中の憂鬱 エリザベス・L.クライン 鈴木素子訳

ファストファッション クローゼットの中の憂鬱 エリザベス・L.クライン 鈴木素子訳
春秋社

2014.9.21

序章 ファッション民主主義の憂鬱
第1章 「店を開けるくらい大量の服を持ってるわ」
第2章 アメリカでシャツがつくれなくなった理由(わけ)
第3章 高級ファッションと格安ファッションの意外な関係
第4章 ファストファッション――流行という名の暴君
第5章 格安の服が行き着くところ
第6章 縫製工場の現実
第7章 中国の発展と格安ファッションの終焉
第8章 縫う、つくり変える、直す
第9章 ファッションのこれから
あとがき――ペーパーバック版原書によせて


この夏、H&Mのセールで何点か試着して、
700円のTシャツと300円のブラウスに決定。
でも、

SALE品は3枚目無料
※一番価格の安い商品

とあって、悩み…
ちょっとサイズが小さいからと、一旦「買わない」にした
700円のTシャツも買うことに。

300円のブラウスが無料になって、
700 * 2 = 1,400円。

700 + 300 = 1,000円。

1,000円で済むところが、1,400円になっちゃったけれど、
3枚も買えたし、満足

そして、買ったあと着たのは、このうちTシャツ1枚だけ…
ま、来年の夏着ればいいし、何より700円に300円だもんね。


この本では、
「服はあふれるほど持っているのに、着るものがない」
という嘆くだけでなく、
ファストファッションの安い服がいかに高コストか語られる。

安いからいっか
は、改めなくちゃ、と思う。


関連記事
[ファストファッション]  [クローゼットの中の憂鬱]  [エリザベス・L.クライン

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/277-46d5ae2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)