Home柴田よしき>聖母(マドンナ)の深き淵 柴田よしき

Thu2014.08.14


聖母(マドンナ)の深き淵 柴田よしき

聖母(マドンナ)の深き淵 柴田よしき
角川書店

2014.8.11

消えた天使
警官を辞めた男
写真の中の追憶
日常の隙間
もうひとりの女
雨の夜
襲撃
殺人者
深淵
そして、銃声
ゆりかごの歌

あとがき


RIKOシリーズ2作目。
『月神(ダイアナ)の浅き夢』を先に読んでしまったため、
記憶が混乱。
と、いうか、『RIKO ―女神(ヴィーナス)の永遠―』の
内容が思い出せない
いくらなんでも早すぎ…

連続刑事殺害事件のインパクトに比べたら、
連続誘拐・男子強姦ビデオのインパクトが弱かった…
というか。
麻里に対する想いが、あっさり過去のモノになりすぎ
だから1のラストも思い出せなかったんだ^^;

乳児誘拐は狂言だろうなーとは思ったけれど、
まさかこの夫婦がこんなにモロモロ絡んでいるとは。

山内練、『月神(ダイアナ)の浅き夢』を読んでいるときから
なぜか海老蔵のイメージなんだけれど、
違うんだよなー…
坊主キライみたいだし。
ふわふわ茶髪… でも凄みが必要。
佐藤健?
うーん…

相変わらずやられたりやったりの緑子ばかりが
なぜモテる…


関連記事
[柴田よしき]  [聖母(マドンナ)の深き淵]  [しばたよしき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/265-a7c61541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)