Home啓発本など>親の家を片づける ゆうゆう特別編集

Tue2014.07.08


親の家を片づける ゆうゆう特別編集

親の家を片づける ゆうゆう特別編集
ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか?
主婦の友社

2014.7.6

はじめに
第1章 2つの実例から見えてくる「親の家を片づける」ということ
      ――その実態と意味、課題
 親の家の片づけ心得7か条
   (1)親の家の片づけは、突然やってくる
   (2)親の家は、どこから手をつけていいのかわからないほど、モノがあふれている
   (3)家の中がどういう状態なのか、冷静に総点検
   (4)片づけ計画を立て、紙に書く
   (5)必要に応じて実作業の手伝いを頼む
   (6)燃えるゴミ、不燃ごみに必ず分ける
   (7)誰もが一度は途中でくじけそうになる
 大変だったのはこんなこと!
   (1)同居でダブってしまう家具や道具を処分
   (2)費用を抑えるために、大きなものは電動ノコギリで解体し、地域のゴミに
   (3)捨てようとすると涙ぐむ母。片づけは2段階で行った
第2章 親と同居するために実家に戻る、実家をたたむ
第3章 亡くなった親の家を片づける
第4章 片づけを始めたものの、なんとか終えたものの……
      「親の家の片づけ」で疲れ果ててしまう人
第5章 生活研究家阿部絢子さんも「親の家の片づけ」に取り組んだ
第6章 これだけは覚えておきたい「親の家の片づけ」の基本ルール
      仕分けしたものの置き場所を確保する
      コーナーを決めてひとつひとつ順番に片づける
      家族と共に作業するときは、担当を分ける。相手の処分方法に文句は言わない
      迷ったら作業は進まない。迷ったら保留
      一度に全部やろうと思わない。体力・気力も考えて、何回かに分けて片づける
      衣類の処分方法
      真夏の片づけは大変!
      神棚や仏壇の処分方法
      思い出の品を片づける
      思い立ったが吉日。親も自分も体力・気力、判断力のあるうちに
      未使用品でも必要でなければ捨てる、譲る
      ひとり暮らしに多くのものはいらない
第7章 疲れすぎない、途中で挫折しないために知っておきたい有料サービス活用法
第8章 「親の家の片づけ」を子世代の負の遺産にしない方法はある?
あとがき


関連記事
[親の家を片づける]  [ゆうゆう特別編集

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/248-8a1ebe49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)