Home角田光代>空の拳 角田光代

Sun2013.03.10


空の拳 角田光代

空の拳 角田光代
日本経済新聞出版社

2013.3.7


スティーブン・キングですか?
という予想外の厚さ(485ページ)の角田光代の新刊。
何の本だっけ?

そらのこぶし?
からのこぶし?

最初に振り仮名があって、一安心。
そらのこぶし。

2000年。
留年してまで希望の出版社に入社した那波田空也(なわたくうや)。
文芸志望の空也が、入社3年目に異動になったのは、
存在すら知らなかったボクシング雑誌「ザ・拳」

鉄槌ボクシングジムに通い始めた空也。
気さくなトレーナーの有田。
注目のボクサー、タイガー立花。
同じ頃入会した坂本秀志路(21)は大学3年生。
(秀志路…なんて読むんだ 仮名振ろうよ仮名
坂本の友人の中神真(21)はプロボクサー。

ボクシングに全く興味のなかった空也が
生まれて初めて後楽園ホールに行き、ボクシングの試合を見、
ボクシングに魅せられる。

タイガー立花は、8月の東日本新人王準々決勝、準決勝、
11月の決勝と、勝ち進む。

11月23日から4日間熱海の合宿に、空也も参加。

12月、立花は、全日本新人王戦でも勝利。

2001年。
空也が、立花特集のページを担当。
天涯孤独で少年院に入ったこともある立花の
経歴も取り上げる。
「華麗なる復讐 憎しみがおれを強くする」

3月、坂本がデビュー戦で初勝利。

4月、8月の試合でも勝った立花から、
父母がいて、都内の大学まで卒業した
本当の経歴を打ち明けられる。

11月、立花は初の八回戦、対戦相手は日本3位の木谷哲平太。
反則すれすれに粘る木谷に敗れるも、立花人気は過熱していく。

2002年。
3月に、日本4位の葛西均と対戦し勝った立花。
ますます注目と人気を集める。

5月、立花の経歴詐称が雑誌に出る。
5月の対矢部戦も判定勝ちした立花だが、
経歴詐称疑惑がちらほら出始める。
6月には、経歴詐称があちこちで問題になり、
抗議の電話、手紙、ネットでの誹謗中傷。

9月の対藤倉匠戦は惨敗。

伝説のトレーナー、萬羽耕太郎の指導を仰ぐことにした立花。

2003年。
3月、日本2位の今村圭太を相手に、見事に勝った立花。

5月、空也は文芸編集部の異動の内示を受ける。
「ザ・拳」の休刊が決まり、
6月の坂本の試合は、一般席で観戦する空也。

多忙な日々にジムから足が遠のく空也。

そうしてジムから足が遠のいてみると、あれほど
夢中で見ていたボクシングの試合自体にも興味が薄れて
くる。それが空也には不思議だった。たぶんこの先
離れることはできないだろうと思うくらい熱中していたのに、…


えーっ
そりゃないよ、空也…
ボクシングに全く興味がなかった空也に引きずられて、
一緒にのめりこんでいたのに、いきなりハシゴを外される

7月28日、立花のタイトル戦に向かう途中、
急遽会社に呼び戻される空也。
なんとか7ラウンド途中に間に合って
8ラウンド、9ラウンドで、立花は藤倉にKO負け。
「でもいい試合だった」
試合後の飲み会に参加した空也は、
プロテストを受けると宣言する。
10月のプロテストで、見事KO負けの空也。
11月から多忙になり…ジムに行くヒマもなくなり…
空也君、半年ほど後に鉄槌ジムを退会…

編集者としての空也の快進撃は続き、
あぁ、そうか、ボクシングの話じゃなくて、
空也の話なのかーと、今さらながら気づく。

立花は、2004年7月、チャンピオンの藤倉に
再挑戦して、判定勝ち。
11月、防衛戦で初勝利。
2005年5月、東洋太平洋4位の選手に挑戦し、敗れる。

坂本はスーパー・フライ級5位に。

そして2006年2月14日。
待ち合わせに急ぐ空也が、ふと人だかりのしている
電気店の店先のTVに目をやると、立花の試合中継。
東洋太平洋1位の選手との対戦も8ラウンド。
最終ラウンド最期の最後に、相手をKOしたかに見えたが、
結果判定負け。

「今日は負けたから、まだ強くない」
強いから勝つんじゃない、勝つから強いんだ。


面白かった…のに、やっぱり最後が物足りない。
空也君、編集者として活躍し過ぎ。
鉄槌ジムのみなさんはどーした
有田の真意もよくわからなかったし。
萬羽のことも同様。
立花と同じくらい、もっと坂本くんも見てみたかった。
あぁ、「空の拳」が面白かったのは、
立花も坂本もハンサムだからなんだな。
立花=松坂桃李
坂本=山下智久(もうちょっとだけ若い頃の)
くらいの感じで読んでました


関連記事
[角田光代]  [空の拳]  [かくたみつよ]  [そらのこぶし

COMMENT

躍動感とは程遠いストーリーに前半は戸惑いました。
読後はこれまでと全く違う作品を描き切った著者の勢いを感じました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

+Re: 藍色様

いつもありがとうございますi-179

『そらのこぶし』は、結構ストーリーを覚えてました^^

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/24-ecb83fbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+「空の拳」角田光代

文芸編集志望の若手社員・那波田空也が異動を命じられたのは"税金対策"部署と揶揄される「ザ・拳」編集部。 空也が編集長に命じられて足を踏み入れた「くさくてうるさい」ボクシングジム。 そこで見たのは、派手な人気もなく、金にも名誉にも遠い、死が常にそこに横たわる過酷なスポーツに打ち込む同世代のボクサーたちだった。 彼らが自らの拳でつかみ取ろうとするものはいったいなんなのか――。 直木賞...