Home和田竜>和田竜 村上海賊の娘

Wed2014.06.11


和田竜 村上海賊の娘

和田竜 村上海賊の娘
新潮社

2014.6.9

序章
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
終章


叔母のダンナ様が、因島の村上さんなので、
以前、「村上水軍の末裔?」と尋ねたところ、
「全然」と返ってきた。
おじさん、そこは「末裔」って答えてもいいのでは

という経緯(?)から、読む前から親近感を持っていた村上海賊。

母は、「がんばって30ページくらい読んだけど、もういいわ
… そーですね、100ページくらいいかないとちょっとかったるいかもですね。

景(きょう)のキャラクターに、いまひとつ寄り添いきれなかったけれど、
面白かった
難をあげるなら、終わり方がいまひとつ。
史実なんてどうでもいいから、就英(なりひで)と結婚させてあげたい。
そして、終章のその後のみなさんについては、いらないよーな。
せっかくの大立ち回りの高揚感が、霧散して、
なんだかちんまりまとまってしまった…


[和田竜]  [村上海賊の娘]  [わだりょう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/238-1112454c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)