Home角田光代>私のなかの彼女 角田光代

Mon2014.06.02


私のなかの彼女 角田光代

私のなかの彼女 角田光代
新潮社

2014.5.28


なんだかうまく消化できないので、他人様が語っていただこう、
と探したら、三浦しをんの書評を見つけたので。
丸々引用させていただきました。

ブック・アサヒ・コムより。
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014021600003.html

■紡いでいる「物語」がちがうから

 祖母が生前、小説を出版していたことを知った和歌は、自身も新人賞に応募し、作家として身を立てるようになる。イラストレーターである恋人の仙太郎との齟齬(そご)、作家になった和歌を認めない母親との軋轢(あつれき)。
 20年に及ぶ和歌の恋愛と仕事の変遷を、文章は臨場感をもって映しだす。心身の温度やにおいが迫ってきて、和歌が、仙太郎が、マンションの隣室の住人であるかのように、いや、私自身であるかのように思えてくる。
 この小説を読んで、「創作」という行いにひそむ壮絶さを感じ取るひともいれば、女性の生きづらさや働くことの難しさに思いを馳(は)せるひともいるだろう。
 しかし、本作はもっと普遍的で本質的な部分をも撃ち抜いていると感じる。たとえ、ものを作る仕事に就いていなくても、和歌と性別や立場がちがっても、この小説が静かに、だが実は奔流のごとく語ろうとしていることと、無縁でいられるひとはいない。
 それは、私たちは「物語」から逃れられない、ということだ。事実はひとつだが、私たちは各自にとって都合のいい「物語」を紡ぎ、それこそが「真実」だと信じる。信じたふりをして日常を送る。
 「まったく同じ言語で会話して」いても、私たちがしばしば断絶を感じるのは、紡いでいる「物語」がちがうからだ。それぞれが紡いだ異なる「物語」を通してしか、私たちは世界を認識できず、愛や希望を感じられない。この残酷、滑稽、非情な理(ことわり)を、本作は容赦なく描きだす。
 さびしさの根源を白日のもとにさらし、しかしそれでも、だれもが「物語」を紡ぎつづけるほかないのだと暗示する本作は、通じあえる一瞬の到来を願って、「物語」の檻(おり)のなかでもがき生きる私たちのために、この小説を読むあなたのために紡がれた、哀(かな)しいほどうつくしい物語なのだ。



関連記事
[角田光代]  [私のなかの彼女]  [かくたみつよ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/236-55089ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)