Home円城塔>Self-Reference ENGINE 円城塔

Sun2014.06.01


Self-Reference ENGINE 円城塔

Self-Reference ENGINE 円城塔
ハヤカワ文庫

2014.5.31

プロローグ Writing
第一部:Nearside
 01 Bullet
 02 Box
 03 A to Z Theory
 04 Ground 256
 05 Event
 06 Tome
 07 Bobby Socks
 08 Traveling
 09 Freud
 10 Daemon
第二部:Farside
 11 Contact
 12 Bomb
 13 Japanese
 14 Coming Soon
 15 Yedo
 16 Sacra
 17 Infinity
 18 Disappear
 19 Echo
 20 Return
エピローグ Self-Reference ENGINE
解説 佐々木敦


P, but I don't belive that P.

樋口一葉やSFは、リズムに乗ってしまえば面白いのに
乗るまでがなかなか…
で。 『THE FUTURE IS JAPANESE』 は、
リズムに乗りきれないまま、
「なんでこんな戯言に付き合わなくちゃいけないんだ」
という気分が勝ってしまい、挫折
『THE FUTURE IS JAPANESE』は、心に余裕があるときに
リベンジすることを誓いつつ、
『Self-Reference ENGINE』へ。

これまた難しいのですが、不思議と心地良い世界
言ってること、理解できていませんけどね
楽しく読み終わりましたが…
これも、いつかまた借りてこよう


[円城塔]  [Self-Reference]  [ENGINE]  [えんじょうとう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/234-de13c8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)