Home三浦しをん>まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

Sun2014.05.11


まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん
文春文庫

2014.5.7

〇 曽根田のばあちゃん、予言する
一 多田便利軒、繁盛中
二 行天には、謎がある
三 働く車は、満身創痍
四 走れ、便利屋
四・五 曽根田のばあちゃん、再び予言する
五 事実は、ひとつ
六 あのバス停で、また会おう
解説・鴻巣友季子


そーか。こんなに早々に
(と言っても、『便利軒』の最後の最後だけれど)
多田は行天に、結婚生活と子どもを失った理由を
ぶちまけていたんだ…

『協奏曲』を読んでいるとき、どんな事情があったんだろう…
って思っていた私… とっくに読んでたね。

ほんとにね、私の脳みそはどうなってるのかね…

文庫本、表紙が瑛太と龍平。
見たくない…
このキャストを絶賛する方が多数かもしれないけれど。
私の中では、多田はもっと無骨というか…
強いて言うなら、龍平が短髪で多田をやった方が…
「なんじゃこりゃあ!」
「それ、だれの真似?全然似てない」
って、息子が真似してた方がよくない?
(息子だから、似てないって突っ込むのか…)
行天!
行天はもっとかわいい顔じゃないと。
行天似のはるちゃん、かわいそう…

星君は誰がやったんだろー…


関連記事
[三浦しをん]  [まほろ駅前多田便利軒]  [みうらしをん

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/232-9df359e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)