Home嶽本野ばら>ミシン2/カサコ 嶽本野ばら

Thu2013.02.28


ミシン2/カサコ 嶽本野ばら

ミシン2/カサコ 嶽本野ばら
小学館

2013.2.27

missin'2 / casaco

竜之介追悼ライブの最後の曲が終わった後、
ミシンに頼まれた通り、ギターでミシンに殴りかかった私。
病院のベッドで目覚め、死のうとした私を止めたのは、
ミシン。
やっぱり

ミシンによって「蝙蝠傘子(コウモリ カサコ)」と
名づけられた私。
蝙蝠傘子の由来は、
ロートレアモンの「手術台の上のミシンと蝙蝠傘の
偶然の出会いのように美しい」

…いかん。
「ミシン」から(というか、「世界の終わりという名の雑貨店」から)
引きずっていた、エドガーやアランや
窓から落ちるロビン・カーやらに、
パタリロまで出てきていた脳内背景に、
ダリやらマグリットやら、マルセル・デュシャンの便器までが
混ざって、収拾がつかない…
(読書というものは、かくも個人的な体験なので仕方ない)

この事件が「演出」だとされ、
爆発的に売れ出した死怒靡瀉酢(シドビシャス)。

もーあらすじは書かなくていーか。
ミシン、かっこいい
でも、カサコはもっとすごい

…って、今ごろ嶽本野ばらにハマっても、
誰もついてこないですよね
この勢いで「下妻物語」いってみようかな。
「ロリヰタ」かな。


関連記事
[嶽本野ばら]  [ミシン2/カサコ]  [たけもとのばら

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/23-9181c6ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)