Home藤野千夜>君のいた日々 藤野千夜

Tue2014.04.29


君のいた日々 藤野千夜

君のいた日々 藤野千夜
角川春樹事務所

2014.4.26

第一章 泣きおやじ 春生(一)
第二章 うなぎ 久里子(一)
第三章 季節のそば 春生(二)
第四章 浅草参り 久里子(二)
第五章 駅弁祭り 春生(三)
第六章 しゃぶしゃぶ 久里子(三)
第七章 追分だんご 久里子と春生


帯より。

大切なひとをなくした人へ、
そして、今、大切なひとがいる人へ
<妻を失った夫>と<夫を失った妻>の、
それぞれの世界から紡ぐ
究極の夫婦愛。

人生の愛しさを描き切った描き下ろし長編


表紙の漫画チックなイラストもあって、なんとなく
木皿泉の『昨夜のカレー、明日のパン』くらいの
若夫婦の物語かと思いきや。

春生(はるお)は去年、妻をなくした。
病気で。
本当にあっという間に亡くなってしまった。
というような軽い言い方は、今年もう五十歳になった自分には、


50歳
中学の同級生で、夫婦そろって50歳
この表紙はなんなんだ
若夫婦じゃなくてお母さんと息子か

ひたすら妻を愛する夫と、ひたすら夫を愛する妻と。
何回生まれ変わっても、俺、また久里子と結婚する。決めた。約束する
と言い切る春生がかわいい。
こんな夫婦、いるのかなー。
表紙の雰囲気そのままの、ふわふわした物語。
でも、ときどき鋭い
いい感じに終わった。

小豆島のそうめん工場が出てくる、図書館ですごい順番待ちの本て…
『八日目の蝉』(角田光代)…?


[藤野千夜]  [君のいた日々]  [ふじのちや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/227-98788367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)