Homeマイクル・コナリー>ナイン・ドラゴンズ マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

Sun2014.04.27


ナイン・ドラゴンズ マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

ナイン・ドラゴンズ マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

NINE DRAGONS
Michael Connelly

2014.4.23

第一部 殺人事件特捜班
第二部 一日三十九時間
第三部 保護し、奉仕するために
訳者あとがき


裏表紙より。

(上)
かつて暴動が起きたエリアで酒店を営む中国人が銃殺された。
ロス市警本部殺人事件特捜班のボッシュは、事件の背後に中国系
犯罪組織・三合会(トライアッド)が存在することをつきとめる。
報復を恐れず追うボッシュの前に現れる強力な容疑者。その身柄を
拘束した直後、香港に住むボッシュの娘が監禁されている映像が届く。

(下)
娘を助け出すべく香港に飛んだボッシュは、前妻と彼女の同僚の力を
借りて街中を血眼で探し回る。監禁映像の背景にあったのは九龍半島の
繁華街、尖沙咀であることが判明。しかしボッシュの人生最大にして、
最悪の悲劇が起こる。娘は救えるのか?裏で糸を引いているのは誰だ。
コナリー作品、成熟の極み!


チャイニーズマフィアは、ただの目くらまし。
わかってみたら、偶然が重なった意外と小さな事件。
元妻のエレノアもあっさりと殺されて、
すべてはボッシュの人生に娘を加えるためのお話…
と、いう見方もできますが、ハリー・ボッシュ、カッコいい

なぜエレノアが殺されなくちゃいけないのかは、
腑に落ちないけれど…


関連記事
[マイクル・コナリー]  [ナイン・ドラゴンズ]  [古沢嘉通

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/224-899be70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)