Home伊坂幸太郎>ラッシュライフ 伊坂幸太郎

Mon2014.03.31


ラッシュライフ 伊坂幸太郎

ラッシュライフ 伊坂幸太郎
新潮社

2014.3.29

最高時速二四〇キロの場所から物語が始まる
時速一三七四キロで日は沈みはじめ、物語はようやく動き出す
秒速二メートルで回転するコンパクトディスクが止まり、物語も急速に終わりに近づく


『首折り男のための協奏曲』がちょっと物足りなかったので、
『ラッシュライフ』と『チルドレン』を借りてくる。

新潮社のHPより。

バラバラに進行する五つの物語が、最後の一瞬で一枚の騙し絵に収斂する。

自らトランクを開け、歩き出したバラバラ死体。神様の仕組みを暴くため、
教祖を解体する信者たち。鉢合わせした二人の泥棒。ひょんなことから拳銃を
手にした失業者。金で買えない物はないと思っているアブラギッシュな富豪。
常軌を逸した謎、交錯する十余の人生、唯一無二にして問答無用の結末。
これぞミステリの醍醐味!


黒澤がもっぱら空き巣として登場。
『ラッシュライフ』、2回は読んでいるハズなのに、
ほとんど覚えていない

トランクに入れたハズの死体が、バラバラ死体になって、
またつながった死体がトランクから歩き去る…
なんて、一体どういうトリックだったけ、と、心底悩む。

終章のタイトルにあるように、最後バタバタと物語が収束する。
ちょっとあっけないくらい。
まあ、救われてほしい人が救われるのだけれど、
河原崎くんはどうなっちゃうんだ

お話の切れ目のアイコンが、それぞれの登場人物を表していることに、
読み終わってから気づく。

抜き足差し足… 黒澤
神様… 河原崎
車… 京子
犬と人… 豊田

志奈子と戸田は、最初と最後にしか出てこないから、
アイコンはないのか。
前に読んだときにも思ったような…
私の脳みそ、ザルだー…

文庫版も借りてみようかな


途中、豊田が、復讐しようと上司の後をつけるタクシーの中で
流れているニュースの強盗事件が、『チルドレン』の中の『バンク』か


関連記事
[伊坂幸太郎]  [ラッシュライフ]  [いさかこうたろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/215-19cc4e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)