Home皆川博子>開かせていただき光栄です ―― DILATED TO MEET YOU ―― 皆川博子

Thu2014.02.27


開かせていただき光栄です ―― DILATED TO MEET YOU ―― 皆川博子

開かせていただき光栄です ―― DILATED TO MEET YOU ―― 皆川博子
ハヤカワ文庫JA

2014.2.25

開かせていただき光栄です
特別付録
チャーリーの受難
主要参考資料
書いていただき光栄です/有栖川有栖


裏表紙より。

18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室からあるはずのない屍体が
発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男。戸惑うダニエルと
弟子たちに治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には詩人志望の
少年の辿った恐るべき運命が……解剖学が最先端であり偏見にも晒された
時代。そんな時代の落とし子たちが可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む、
本格ミステリ大賞受賞作。前日譚を描いた短篇を併録。解説/有栖川有栖



『アルモニカ・ディアボリカ』から『開かせていただき光栄です』に
戻ってみる。
2度目。
ストーリーも大体?覚えていた
2度目でも楽しい

やっぱり皆川博子はすごいなー。
ディケンズの小説に出てくるような世界が、日本人の作家に書けちゃうんだ。

そしてやっぱり、エドとナイジェル
エドは美形だと書かれているけれど、ナイジェルは
美形とは一言も出てこないんだ…
でも、美形じゃないと
21歳と19歳では、もう少年じゃないかもですが、
『ポーの一族(萩尾望都)』のエドガーとアラン。
『風と木の詩(竹宮惠子)』のセルジュとジルベールでも。
薔薇亭のシーンからは、森川久美の元首(ドージェ)シリーズを
連想し(ベネツツィアだし、背景が全然違うけど)、
そこから、『蘇州夜曲』『南京路に花吹雪』の黄に向かうは必定。

と。勝手にイメージがイメージを呼んで…
好きだー

死者として、生きます
と言って去って行った2人が、ともに暮らしていなかったことを
知ってしまった後に読むラストは、より切ない…


『特別付録』
解剖ソング♪
譜面付き


『チャーリーの受難』
クラレンスの弟がフランシス・ダッシュウッド卿の馬車に
轢き殺され、卿に復讐するくだりは、やはりコメディタッチ。
なのに『アルモニカ・ディアボリカ』は… 悲しすぎる


関連記事
[皆川博子]  [開かせていただき光栄です]  [みながわひろこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/203-518b5770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)