Home乾緑郎>完全なる首長竜の日 乾緑郎

Mon2014.02.10


完全なる首長竜の日 乾緑郎

完全なる首長竜の日 乾緑郎
宝島社

2014.2.8

映画、『リアル~完全なる首長竜の日~』のストーリー紹介が

幼なじみで恋人同士の浩市(佐藤健)と淳美(綾瀬はるか)。
だが1年前、漫画家の淳美は自殺未遂により昏睡状態に陥ってしまう。
浩市は淳美を目覚めさせるため、〈センシング〉という最新医療に
よって彼女の脳内へ入っていく。
…(略)…
浩市は淳美を救うことが出来るのか――。
そしてふたりが抱える秘密の思い出とは――。
極限状態で愛し合うふたりに、驚愕の真実が待ち受けていた――。


とあって、そんな話だっけ?
と、再読。

そーだよね、淳美が弟の浩市の意識に… から始まるんだよね。

サリンジャーの『A Perfect Day for Bananafish』や
ルネ・マグリットの『光の帝国』が出てきて、雰囲気は
きらいじゃないけれど。
最後はなんなんだろー。
精神科医の先生は、淳美をどうしたいんだろう?
そもそも、一体誰が淳美が目覚めるのを待っているのだろう?

これ、映画はどんなストーリーになったんだろう…


[乾緑郎]  [完全なる首長竜の日]  [いぬいろくろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/191-27fb69a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)