Home東野圭吾>疾風ロンド 東野圭吾

Sat2013.12.28


疾風ロンド 東野圭吾

疾風ロンド 東野圭吾
実業之日本社文庫

2013.12.28

強力な生物兵器を雪山に埋めた。
…(略)…上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、
とあるスキー場に向かった。…(略)…
ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。


裏表紙に「娯楽快作」とあるのを見て、
あぁ、『白銀ジャック』みたいな感じかぁ
(『白銀ジャック』の中身はもちろん忘れているが
と大して期待せずに読み始める。

やっぱり。

生物兵器の緊迫感はないし。
研究員こと栗林父がヘタレすぎ。
一番力が入っているのが、スノボの技の描写。

400ページあって、急展開は最後の50ページ。
確かに最後の最後は予想外だったけれど、
「衝撃の結末」かなー…

こんなに面白くなるとは!
自分でも驚き


… いや、そんなに面白くはないですよ…

雪上のチャンバラシーンは見てみたいけど


関連記事
[東野圭吾]  [疾風ロンド]  [ひがしのけいご

COMMENT

サクサク楽しく読み進められました。
とても読みやすかったし、とても面白かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

+藍色様

いつもありがとうございますi-179

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/183-6a647e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+「疾風ロンド」東野圭吾

東野圭吾が贈る、この冬最大の興奮! ラスト1頁まで気が抜けない長編ミステリー! 拡散すれば人々を大量死に陥れる威力をもつ生物兵器K-55が盗まれた! 引き換えに3億円を要求する犯人からの手がかりは、スキー場らしき場所で撮られた テディベアの写真のみ。しかも犯人との交渉が突如不可能に! 圧倒的なスピード感で二転三転する事件のゆくえ、読者の予想を覆す衝撃の結末に酔いしれろ! 強力な生...