Home北大路公子>生きていてもいいかしら日記 北大路公子

Fri2013.11.22


生きていてもいいかしら日記 北大路公子

生きていてもいいかしら日記 北大路公子
PHP文芸文庫

2013.11.18

じいさんの説教
乳の立場がない

 私の心を奪った酒場たち1
 「経文酒場」
マッチ売りのキミコ
みっちゃんのこと

 私の心を奪った酒場たち2
 「縄文酒場」
永遠とはかくなるもの
ノリコとキミコの冷戦

 私の心を奪った酒場たち3
 「ホテル炭火焼」
姉の正体教えましょう
もにゃもにゃの不思議

あとがきに代えて
 ――キミコの正体、明かします
 〔北の酒場でインタビュー by 編集部〕
あとがきという名の思い出話
解説 恩田陸


あぁ、もう、B.K.(Before ChristならぬBefore Kimiko)時代のことが
思いだせない…
もっと、北大路公子を

今出てる本は、
2005年 枕もとに靴 ああ無情の泥酔日記
2006年 最後のおでん 続・ああ無情の泥酔日記
2008年 生きていてもいいかしら日記
2010年 頭の中身が漏れ出る日々
2012年 ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく
2013年 苦手図鑑
ということらしー…

ツイッターは追っかけきれない
ブログ更新しよーよ

ところで、「もやしのヒゲ取り機(廉価版)」が
「もやしの簡単ヒゲ取り機(九百八十円)」になってる?
昔、母も私も、ひげは取るものと、必ず手でぷちぷちしていましたが、
あるとき母が、
「もやしはひげのところに栄養がある」
というような話を聞いてきて、以来取らなくてもいいことになりました。
無心になれるから、取ってもいいんだけどな。
ヒゲ取り機は邪道な気がする…


関連記事
[北大路公子]  [生きていてもいいかしら日記]  [きたおおじきみこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/161-3a3008f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)