Home豊島ミホ>青空チェリー 豊島ミホ

Fri2013.08.30


青空チェリー 豊島ミホ

青空チェリー 豊島ミホ
新潮文庫

2013.8.28

ハニィ、空が灼けているよ。
青空チェリー
誓いじゃないけど僕は思った
文庫版あとがき
解説 藤田香織


◇ハニィ、空が灼けているよ。

豊島ミホ、こんな本書いてるんだ。
予想外

戦場は今のところ、この国にはなかった。私が行ったことのない
遠い地で、この国の兵器が誰かを傷つけている、それだけと言えば
それだけ、関係ない話だと割り切ることも不可能じゃないのだ。
割り切っているにしてもいないにしても、この国の人たちはみんな、
以前と変わらない様子で過ごしていた。
…(略)…
しょせん私たち一般市民が戦争の被害をかぶることはない--はずだった。
私たちは、いつのまにか安全地帯からはみ出していたのだ。


一面の先頭に、白抜きの大きなゴシック体で「徴兵法成立」の文字が並んでいた。

本当に、ある日現実になっていそうでコワイ。


◇青空チェリー

こんなに過激じゃなかったけれど
予備校は楽しかったなぁ


◇誓いじゃないけど僕は思った


[豊島ミホ]  [青空チェリー]  [としまみほ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/107-750d9105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)