Home誉田哲也>ヒトリシズカ 誉田哲也

Fri2013.08.09


ヒトリシズカ 誉田哲也

ヒトリシズカ 誉田哲也
双葉文庫

2013.8.7

闇一重 やみひとえ
蛍蜘蛛 ほたるぐも
腐死蝶 ふしちょう
罪時雨 つみしぐれ
死舞杯 しまいさかずき
独静加 ひとりしずか


多分、初誉田哲也。

誉田作品史上、もっとも予測不可能な傑作だ!!
1章ごとに急転する、まさかの展開の連続!
なんと邪悪で、なんと尊い物語なのか――。

待望の文庫化!次に驚くのは、あなただ!

オープニングから予測もできない壮大なストーリー展開に驚愕!
やがて明らかになる一人の女の哀しい運命に涙!
「ストロベリーナイト」の誉田哲也が警察小説を更に進化させた!


… と帯にやたら「」だらけの煽り文句。
これ、書店員さん達の言葉なんですね。
(図書館ではなく、ヒトから借りたので帯付き

章のタイトルが毒々しいけれど、そんなに
グロテスクなストーリーではなかった。

静加… ちょっと吉田秋生の「吉祥天女」の小夜子を
思い出しました。

「女はね、血なんか恐くないのよ、だって毎月血を流すんですもの」

ちょっと違うかな…
「吉祥天女」捨てるんじゃなかった…


[誉田哲也]  [ヒトリシズカ]  [ほんだてつや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/106-74fb9aa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)