FC2ブログ
Home>2019年09月  TotalPages1

Sun2019.09.29


さよならの儀式 宮部みゆき

さよならの儀式 宮部みゆき
河出書房新社

2019.9.29

母の法律
戦闘員
わたしとワタシ
さよならの儀式
星に願いを
聖痕
海神の裔(かいじんのすえ)
保安官の明日(あす)


帯より。

母の法律
虐待を受ける子供とその親を救済する
奇蹟の法律「マザー法」。
でも、救いきれないものはある。

戦闘員
孤独な老人の日常に迫る侵略者の影。
覚醒の時が来た。

わたしとワタシ
45歳のわたしの前に、
中学生のワタシが現れた。
「やっぱり、タイムスリップしちゃってる!」

さよならの儀式
長年一緒に暮らしてきたロボットと
若い娘の、最後の挨拶。

星に願いを
妹が体調を崩したのも、
駅の無差別殺傷事件も、
みんな「おともだち」のせい?

聖痕
調査事務所を訪れた
依頼人の話によれば……
ネット上で元<少年A>は、
人間を超えた存在になっていた。

海神の裔
明治日本の小さな漁村に、
海の向こうから「屍者」のトムさんがやってきた。

保安官の明日
パトロール中、保安官の無線が鳴った。
「誘拐事件発生です」
なぜいつも道を間違ってしまうのか……



宮部みゆきの新境地
と煽るから、すごく期待していたのですが。

「さよならの儀式」、読んだことあるなぁ…
「星に願いを」も読んでる!
と、巻末の「初出」を見ると。

2018.12
2014.10
2018.4
2013.2
2016.10
2010.7
2015.10
2011.11

…新作なワケではないのか

なんか、ちょっとずつ誰かの作品のような、
宮部みゆきでなくてもいいような感じもありつつ。

やっぱり宮部みゆきだなぁ
という部分もあり。

期待値を高められていた分、
ちょっとがっかりかなぁ…

もう、2019年は、『十二国記』の新刊が読めればいいや


[宮部みゆき]  [さよならの儀式]  [みやべみゆき

Wed2019.09.25


カリ・モーラ トマス・ハリス 高見浩訳

カリ・モーラ トマス・ハリス 高見浩訳
新潮文庫

CARI MORA
Thomas Harris

2019.9.24

1
2

43
感謝の言葉
訳者あとがき


裏表紙より。

マイアミに暮らす美貌のカリ・モーラは25歳。故国のコロンビアでの凄惨な過去を
背負い、移民として働きながら、獣医になることを夢見ている。彼女は麻薬王の
邸宅管理のバイトがきっかけで、屋敷に隠された金塊を狙う犯罪集団の作戦に
巻き込まれ、彼らと対立する臓器密売商の猟奇殺人者シュナイダーの妄執の的
にもなってしまい――。極彩色の恐怖と波乱の展開に震える傑作サイコ・スリラー。



うーん…
これは一体…

『羊たちの沈黙』から大分経ってるし。
ジェフリー・ディーヴァーとかに慣れちゃったから、
あまりエグく感じないのかなぁ…
と思ったけれど。

違う。

ぬるい。
ゆるい。

傑作サイコ・スリラー
どの辺が…

途中で3連休はさんだけれど、
全然続きが気にならなかった。
読みかけなのを忘れていて、火曜日にびっくりした

結構次々人が死んじゃうし、
人体液化装置だの腎臓をそのまま食べちゃうだの、
エグイ描写もあるにはあるけれど。
全然緊迫感がない。
むしろショボいくらい。

金庫は爆発しないし。
金塊はボスが持ち逃げしちゃうし。
最後の山場くらいと期待をするも、
猟奇殺人者に捕まってから逃げ出して返り討ちにするまでが
ほんの15ページくらい

なにこれ?
超訳?

とりあえず、
「『カリ・モーラ』が気になったんだけど、
『羊たちの沈黙』のトマス・ハリスだから、
やっぱり買うのやめた」
と言っていた先パイに
「全然大丈夫です
と教えて差し上げよう。

登場人物が多すぎて、どの陣営の人なのか
いまひとつわからないのも敗因か。

結構楽しみにしていたのに…


[トマス・ハリス]  [カリ・モーラ]  [高見浩

Mon2019.09.23


蒲生邸事件 上・下 宮部みゆき

蒲生邸事件 上・下 宮部みゆき
文春文庫

2019.9.21

第1章 その夜まで
第2章 蒲生家の人びと
第3章 事件
第4章 戒厳令
第5章 兵に告ぐ
終章 孝史
解説  末國善己


上巻・裏表紙より。

1994年2月26日未明、予備校受験のために上京した浪人生の孝史は宿泊中の
ホテルで火事に遭遇する。目の前に現れた時間旅行の能力を持つという男と
共に何とか現場から逃れるも、気づくとそこはなぜか雪降りしきる昭和11年の
帝都・東京。ホテルではなく、陸軍大将蒲生憲之の屋敷だった。
日本SF大賞受賞の長篇大作。


下巻・裏表紙より。

二・二六事件の当日、蒲生大将が自宅で拳銃自殺。だが、殺人の疑いも出てきた。
戦争への色濃さを増す戒厳令下の東京にタイムスリップし、事件に巻き込まれた
孝史はどう行動するのか。再び現代に戻って来られるのか――。大きな歴史の
転換点に送り込まれた時、人には何が出来るのかを問う、著者会心の意欲作。
解説・末國善己



『蒲生邸事件』は、最初に読んだときは、あまり面白くなかったような
記憶があるので。
しばらくして再読しようと借りてみるも、結局ページが進まず。

それが
日本SF大賞受賞作
だと知り、再チャレンジ。

SFだっけ?
あ。
二・二六事件の時代にタイムトリップしちゃうから、
SFなのか。
そんなこと思いもしなかった

にしても。
主人公の孝史が全然好きになれず、
特に上巻、読むのが苦痛で苦痛で。
ツラかった…
なんでこんなヤツを主人公に、
って。
まぁ、これがフツーのヒトなんだろうな…
だから余計に嫌なのか。

後半、孝史の印象もちょっとはマシになってきて、
無事読了。
こんな話だったか…

昭和11年の日本の空気とか、
タイムトラベラーである平田の苦悩とか、
読ませるところもたくさんあるけれど。
タイムトリップの設定とか、
蒲生嘉隆と鞠恵の扱いとか、
色々雑…
ふきが助かる代わりに、嘉隆と鞠恵が焼け死ぬって…

1997年の日本SF大賞受賞作、
20年以上前の本なのか。

『蒲生邸事件』、再読してよかった。


[宮部みゆき]  [蒲生邸事件]  [みやべみゆき

Wed2019.09.18


ぼくの鳥をあげる 佐野洋子 広瀬弦・絵

ぼくの鳥をあげる 佐野洋子・作 広瀬弦・絵
幻戯書房

2019.9.16


図書館のおススメコーナーで
とても美しい表紙が目を引いたので手に取ってみると、
佐野洋子… の… 絵本?

美しい鳥の切手がふわりふわりと持ち主を替え
手にしたヒトがちょっと幸せになったりして。

あぁそうか。
佐野洋子は『100万回生きたねこ』も描いているんだった。

終盤、キレイだけれど性格の悪い娘が主役になったときは、
どう終るんだろーと思ったけれど。
恋する女のコの切なさもあって。
ふうわりと幸せな余韻が残る本でした。

広瀬弦(ひろせげん)、佐野洋子の息子なんだ…


[佐野洋子]  [ぼくの鳥をあげる]  [さのようこ]  [広瀬弦]  [ひろせげん

Tue2019.09.17


希望の糸 東野圭吾

希望の糸 東野圭吾
講談社

2019.9.15

プロローグ
1
2

30


なんだっけ?
あ。
一応、加賀さんが出てくるんだ。

さすが東野圭吾
スイスイとページが進む。
途中、ふと、犯人はもしかして…?
なんて思ったら、
全然違う人物でびっくり
なぜ、あなたが…
その理由はまぁ納得するとして。
そこでの被害者の描写がいきなりイメージが変わっていて
あまり説得力がないような…
そもそも、シフォンケーキ用ナイフで、そんなに簡単に
しかもしっかりと人が殺せちゃうのかな。
一撃必殺。
新選組の突きですか。

事件は解決するも、
なーんか雑
でした。

ま。
松宮くんは、お父さんに会えてよかったね

あと。
どうか多由子さんのお腹に本当に赤ちゃんがいますように


[東野圭吾]  [希望の糸]  [ひがしのけいご

Sat2019.09.14


壬生義士伝 浅田次郎

壬生義士伝 浅田次郎
文春文庫

2019.9.13

壬生義士伝
解説「そして、入相(いりあい)の鐘は鳴る」  久世光彦


上巻・裏表紙より。

小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり
着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪(みぶろ)と呼ばれた新選組に
入隊した吉村貫一郎であった。“人斬り貫一”と恐れられ、妻子への仕送りの
ため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や
教え子が語る非業の隊士の生涯。浅田文学の金字塔。


下巻・裏表紙より。

五稜郭に霧がたちこめる晩、若侍は参陣した。あってはならない“まさか”が
起こった――義士・吉村の一生と、命に替えても守りたかった子供たちの物語が、
関係者の“語り”で紡ぎだされる。吉村の真摯な一生に関わった人々の人生が
見事に結実する壮大なクライマックス。第13回柴田錬三郎賞受賞の傑作長篇
小説。        解説・久世光彦



宝塚雪組公演『壬生義士伝』を観てからの、浅田次郎『壬生義士伝』。

望海風斗(のぞみふうと)の吉村貫一郎を見ているときから
なぜか、安田顕が浮かんで仕方なかったのだけれど。
本を読んでいる最中、すっかり安田顕。
なんでだろー…
安田顕のサムライなんて見たことないと思うのに。
他のヒトは誰もそんなにはっきりしたイメージにはならないのに。
吉村貫一郎だけくっきり安田顕

それにしても。

泣く。

宝塚の舞台は、
「あーきっと長い話をキュッとまとめているんだろうなぁ」
と感心し。
でも駆け足すぎて吉村貫一郎が全然わからなかったけれど。
それでも涙することしばし。

浅田次郎はあざといくらいに泣かせる。

吉村貫一郎が死ぬときに、通勤電車の中にもかかわらず涙、涙で。
でも、貫一郎死んじゃったのに、まだ結構ページ残ってるなぁ
と思ったら。
翌日、嘉一郎が死んじゃうところで、涙、涙、涙。
通勤電車なのに。
これでもう終わりかと思ったところで、
次男の貫一郎のいとけなさにちょっと涙して。
あーやっと終わりだ、この漢文はなんだろー、読まなきゃダメかなー
と読み始めた大野次郎衛の手紙に涙。
まったくもー…

浅田次郎、うまいよなぁ…


[浅田次郎]  [壬生義士伝]  [あさだじろう

Sun2019.09.08


ジャイロスコープ 伊坂幸太郎

ジャイロスコープ 伊坂幸太郎
新潮文庫

a present
isaka kotaro

2019.9.7

浜田青年ホントスカ
ギア
二月下旬から三月上旬
if
一人では無理がある
彗星さんたち
後ろの声がうるさい
十五年を振り返って  伊坂幸太郎インタビュー


裏表紙より。

助言あり〼(ます)。 スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で
働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる
「浜田青年ホントスカ」。 バスジャック事件の“もし、あの時……”を描く「if」。
謎の生物が暴れる野心作「ギア」。 洒脱な会話、軽快な文体、そして独特の
ユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。 書下ろし短編「後ろの声がうるさい」
収録。



前に読んだのが、2015.8.11。
そんなに前だっけ?

感想は、ほぼ同じ

「浜田青年ホントスカ」は、変わらずまあまあ覚えていて。

「ギア」も覚えていたけれど、セミンゴ、やっぱり苦痛。

「二月下旬から三月上旬」、再読してもよくわからなかった。

「if」、そんな話だっけ?

「一人では無理がある」、読んでいるうちに思い出した!

「彗星さんたち」、眠かったので、ちょっとクドイ感じ。

「後ろの声がうるさい」、タイトルから連想する話と全然違う。
やはり眠かったので、ちょっとスルー気味。
「彗星さんたち」が終わってないのかと思ったりもして。


[伊坂幸太郎]  [ジャイロスコープ]  [いさかこうたろう

Thu2019.09.05


ルパンの娘 横関大

ルパンの娘 横関大
講談社文庫

2019.9.4

第1章 刑事と結婚する方法
第2章 刑事は泥棒がお好き
第3章 招かれざる泥棒
第4章 泥棒より愛を込めて


裏表紙より。

泥棒一家の娘・三雲華(みくもはな)は、警察一家の長男・桜庭和馬(さくらば
かずま)と素性を隠して交際していた。ある日、華の祖父・巌が顔を潰された
遺体で見つかり、華は独自に犯人を捜す。和馬は華と結婚を考えていたが、
殺人事件を捜査する中で華が伝説のスリ師・巌の孫だと知り悩む。事件の
真相と二人の恋の行方は? 著者会心の長編ミステリ!



タイトルに「ルパン」と入る作品は、畢竟看板倒れになっちゃうのか…

設定は荒唐無稽で面白そうだけれど、かなり雑なお話。

おじいちゃん達の学生時代の事件も、なんだか肩透かし。

巌、生きてるんだろうなぁと思ったら、やっぱり生きていたのはいいけれど、
身代わりに仕立てた男が殺されちゃうのを見ていて助けなかったって、
巌まで自分勝手な理屈で自分を正当化するヒドいヤツ…

漫画だったら面白いのかなぁ…

にしても。
あっさり両親がお尋ね者になっちゃってるのに、
赤ちゃん出来たから結婚しましょうってワケにはいかないよね。
事実婚で通すのかしら?
それも「警察官」としてマズイのでは…

色々残念

好きになれたキャラは、意外や華の両親かも


[横関大]  [ルパンの娘]  [よこぜきだい

Wed2019.09.04


プリンセス・トヨトミ 万城目学

プリンセス・トヨトミ 万城目学
文春文庫

2019.9.3

第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
終章
あとがきにかえてエッセイ  なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪


裏表紙より。

このことは誰も知らない――400年の長きにわたる歴史の封印を解いた
のは、東京から来た会計検査院の調査官3人と大阪下町育ちの少年少女
だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止する!?大阪が全停止する!?
万城目ワールド真骨頂、驚天動地のエンターテインメント、ついに始動。
特別エッセイ「なんだ坂、こんな坂、ときどき大阪」も巻末収録。



『とっぴんぱらりの風太郎』を読んでからの再読。
全然覚えていないかれど、読むと「あぁ」と思い出す。

そーそー!
この組長が土下座するシーン、好きだった。

いや、でも、大輔がセーラー服着て登校するなんて、
こんなインパクトのある設定、ぜーんぜん覚えてないって…orz

最初に読んだときは、「ふーん…」くらいの感想だったけれど。
(大して面白くなかった、というのは覚えている)
『とっぴんぱらりの風太郎』を読んでから読むと、
ちょっと楽しさup


[万城目学]  [プリンセス・トヨトミ]  [まきめまなぶ

Mon2019.09.02


クジラアタマの王様 伊坂幸太郎

クジラアタマの王様 伊坂幸太郎
NHK出版

2019.8.26

第1章 マシュマロとハリネズミ
第2章 政治家と雷
第3章 炎とサイコロ
第4章 マイクロチップと鳥


あぁ伊坂幸太郎だぁ

小沢ヒジリが
人気ダンスグループのメンバーで
ベビーフェイスで
しかも高学歴
って
がんちゃんではないですか

そんなこんなで楽しく読了。
今回は人も死ななかったし。


[伊坂幸太郎]  [クジラアタマの王様]  [いさかこうたろう